離島での医師(男性/30代)

男性/30代

某離島での医師を募集していたので、そちらに応募し実際にそこで働きました。元々都心の市立病院で勤続経験が10年以上あったので、技術的には問題は無かったと思います。

 

離島のためなかなか本島の病院に行きづらい島の方々のためにお役に立てればと思ったのです。元々田舎暮らしに憧れていたのと、プライベートであまりいいことがなかったので一度生活環境を変えて、都会暮らしから離れてみようという気持ちがありました。

 

初めはなれない生活に戸惑いながらも、島の方々も暖かく私を迎えてくれました。若い方は少なく、お年寄りの方が多いので、診療所に通院できない方のご自宅へ訪問診療に行ったり、私自ら車で迎えに行き診療所で治療をしたりということもありました。

 

患者さんからお礼にご自宅へ招いていただきご馳走を頂き、畑でとれた作物などをもらうこともありました。3ヶ月ほどするとすっかりそこの生活にも慣れ、今はこの島の医師として働けるまで働こうと思っています。転職してよかったです。

 

困っている人の役に立ちたい、そう考え転職を決意しました(男性/20代)

男性/20代

医師として働き始めてからというもの、どこかで空虚さというものを感じながら、仕事をこなしていました。本当にやりたかった事は何なのか、自問自答し続けていたのです。

 

職場と自宅を往復するだけの日々が続き、働く事の意味すら見出せずにいました。自分が何の為に頑張っているのか、その事が分からないまま患者さんと向き合う事に対し、申し訳ない気持ちで一杯だったと言えます。

 

そんな時、たまたま離島で医師を募集しているという求人情報を見つけ、これだ!と閃いたのです。離島の場合、医師の絶対数が不足しがちなばかりか、最新の医療機器が整っていない病院も、少なくありません。

 

本当に困っている人の役に立ちたい、その思いから転職支援サービスへ登録し、応募する事にしたのです。エージェントが徹底的に転職活動をサポートしてくれたお陰で、理想的な職場にめぐり合う事ができました。今では離島と言う新たな環境の下、仕事にやりがいを感じながら、溌剌とした毎日を過ごしています。

 

生きがいを感じながら、働いています(男性/40代)

男性/40代

離島で働きたいと考えるようになったのは、知人の勧めがきっかけでした。たまたま友人が離島出身で、医療の現状について話をする事がしょっちゅうあったのです。

 

医師として働くようになってからというもの、時々自分が何の為に働いているのかという、目的を見失う事がありました。私達人間は、必要とされる事によってやりがいや生きがいというものを感じる事ができます。

 

漠然と患者さんと向き合うよりも、必要とされる医師になって弱者と呼ばれる人の苦しみを取り除きたい、そう考えるようになったのです。日中は業務に追われている為、転職支援サービスに登録しました。

 

エージェントが転職活動を徹底的にサポートしてくれるからです。偶然にも、医師募集中の案件があり、応募してみたところ面接したい旨、連絡が入りました。その結果、採用される事が決まったのです。お蔭様で、充実感に溢れた日々を過ごしています。

 

特に離島の方は人柄が良く、親しみやすい方ばかりなので、人間関係でギクシャクしたりというのを感じた事がありません。募集案件を探す、応募する等転職活動を自分1人で行うのは、とても大変です。転職支援サービスを活用すると、徹底的にサポートしてくれるばかりか、相談にも乗ってくれますので、不安を感じる事が殆ど無いでしょう。効率的に活動を進めたい時は、転職支援サービスをお奨めします。

 

よくある質問

離島で医師が働くうえで、求められる能力はどんなことですか?

離島においては病院が完備されているケースも稀にありますが、基本的には地域に1つだけの診療所に常駐し、医師1人体制、そのほか看護師等のサポートで地域の住民から仕事や観光等で島を来訪している方の疾病からケガまで幅広く対応しなければなりません。

 

そのため、医師として自立して診療所を運営できる能力が求められます。

 

具体的には、単独で自立して外来診療および救急当直、内視鏡や超音波検査などその診療所に導入されている機器を使っての各種検査、さらに病棟管理もしなくてはなりません。また、医療経営者として診療所を運営しマネジメントする能力や、職員および地域の人々と良好な関係を築き、地域交流できる能力も求められます。

 

離島は医師1人体制も多いと思いますが、興味はあるものの自信がないのですが?

へき地医療の現場で必要な医療知識やスキルが足りないと心配される方でも、やる気と勇気があれば、研修を受けることで単独で自立して動ける力をマスターできます。厚生労働省の補助事業として、公益社団法人地域医療振興協会とへき地医療支援センターによる再研修プログラムが用意されています。

 

医師のキャリアや能力を問わず、研修プログラムを受けることで離島の診療所や中核病院で必要となる知識やノウハウが身に付くようにカリキュラムが組まれています。

 

現役医師で離島に行く自信が持てない方はもちろん、いったん専門医療をリタイアした方、これから専門領域を選択する研修医で地域の現場で後期研修や臨床研修を行いたい意欲がある方も参加することが可能です。

 

また、医学部在籍中の方も、離島の地域医療の現場見学などをさせてもらえます。

 

離島の医療では、どんな医師の募集がありますか?

離島でも医療供給の状況は様々となっています。医師1人看護師1人体制の診療所から、離島でありながら規模は小さいながらも総合病院に近い形の病院があるところもあります。

 

1人体制のところは引継ぎをするとすぐに単独勤務になるところのほか、最初から1人で赴任するケースもあります。
一方、中核都市にあってドクターヘリ等を通じて、離島の医療を担う総合病院などでも募集がなされています。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。