結婚を機に転科してみた(女性/40代)

女性/40代

若い頃は、一生独身で仕事に打ち込もうと思っていました。しかし良い出会いに恵まれて、40代になって結婚することができたのです。人並みに女の幸せをつかむことができました。

 

しかし、医者として働き続けるにはセーブすることも必要です。今までは激務と言われている救急医として働いていました。さすがに、仕事と家庭の両立は難しくなり、主人もできるだけ家庭を優先してほしいと言うようになってきたのです。

 

そこで、医師転職サービスを活用して、眼科への転科を考えるようになりました。眼科への転科を希望したのは、比較的勤務時間がきっちりしており、楽な仕事内容だと聞いたことがあったからです。

 

もちろん、眼科医として働くからには、様々な知識が必要です。これまで以上に専門的な勉強もしました。その甲斐あって、見事に転科することができたのです。今では、しっかりと家庭との両立を図ることがでています。主人も喜んでくれています。

 

日勤勤務を希望し外科から眼科医へ転科を決意(女性/30代)

女性/30代

30代も半ばを過ぎ、ようやく結婚も決まり、出産も意識するようになりました。これまでは総合病院の外科医として長時間手術や、救急センターの当直も務めてきましたが、妊娠したり子育て中は難しいと思い始めました。

 

そこで、日勤のみで対応できる診療科への転科を考え、眼科を選ぼうと決めたのです。白内障の手術やレーシックなど、外科で鍛えたスキルが活かせるかなと思ったためです。

 

もっとも、転科でどういった医療機関に受け入れてもらえるか分からず、プロのアドバイスを受けたいと思い、転職支援サイトに登録してみました。そこで、紹介を受けたのが眼科専門医療制度研修施設認定病院に指定されている病院でした。

 

眼科の専門医を研修できる病院ですが、転科を希望する医師の指導も歓迎とのことです。外科手術の経歴も歓迎され、スムーズに転職が決まりました。知識については独学するようテキストを渡され、診療や手術はマンツーマン指導が受けられました。まずは白内障手術から始まりますが、ほぼ日帰り手術で当直も一切ない環境が気に入っています。

 

外科医から眼科への転科(男性/30代)

男性/30代

私は大学病院で外科医として勤務してきましたが、高齢化に伴い急増している白内障手術や緑内障の治療に興味を持つようになりました。

 

もっとも、研修医の時代ならともかく、今さら大学に研修生として入り直すのは気がひけ、どこか転科可能な眼科のクリニックはないか探し始めました。近隣地域で思うように見つけられず、試しに転職支援サイトに登録して探してみました

 

すると、転科入局可能な大学病院の求人があると紹介を受けました。大学には派閥もあるし、他大学出身だと渋っていると、とにかく面談を受けてくださいとの返事です。

 

実際に職場見学を受けながら、研修担当医と話してみると、他大学出身者が多く、スーパーローテート終了後に入局する人はもちろん、他施設で研修した後に入局したり、他科から転科してくる方が多数在籍していると興味深い話を聞けました。背景が異なる者どうし刺激し合いながらアットホームな職場だと分かり、その大学病院の眼科に転職することに決めたのです。

 

よくある質問

眼科への転科を希望する場合どんな努力が求められ、どんな求人に応募すべきすか?

眼科専門病院などで、専門医療制度研修施設認定病院となっている病院がおすすめです。眼科専門医を目指す研修医を受入れる病院のことを指しますが、他の標榜科目から眼科へ転科を希望する医師も受け入れてくれます。

 

メリットとしては、一から指導できる体制や環境が整っていることが挙げられます。

 

研修や指導の仕方は病院によって異なりますが、たとえば、外来指導においては、
まず各疾患の知識は各自が教科書を読んで独学します。

 

その後、現場での診断や治療・患者対応については院長はじめ、
ベテラン医や専門医が現場について指導を受けることが可能です。

 

研修医が診察した新患カルテのチェックも受けられ、院長や専門医からのアドバイスが受けられます。

 

カルテについては、眼科特有のオーダーシステムやカルテ記録がありますが、電子カルテ化システムを導入しているところなら、基本的な部分はIT化されているので、覚えるべき部分は少なく手済みます。

 

手術指導については、一般的にはニーズの高い白内障手術からスタートします。

 

マンツーマンで指導されるのが基本で、通常約半年で 1人立ちが可能です。
そのほかの外来手術も、慣れるまでは指導者が一緒に手術をしながら覚えていきます。

 

眼科医はコンタクト医などが人気と思いますが、募集傾向はどのようになっていますか?

眼球のキズなどがないか診療するコンタクト医なら転科でもできそうという方も多いのですが、診療報酬の改定や消費者がインターネットなどの個人輸入により医師の処方なしでコンタクトを購入する傾向が広まり、コンタクト関連の募集は減少傾向にあります。

 

眼科の専門病院は少ないうえ、転科してこれから技術を得たい人にとっては非常に競争率も高くなっています。
まずは、日帰り手術などを行うクリニックや診療所の募集から試してみるといいかもしれません。

 

眼科に転科するにあたって、専門医を目指すことを志したほうがいいですか?

専門医を取得し、手術症例を積めば眼科専門病院をはじめ、幅広い医療機関への転職も可能となります。糖尿病や循環器疾患などでも眼の合併症が多いので、一般病院や脳神経外科の専門病院などで働く機会も得られるでしょう。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。