子どものために転科した(女性/30代)

女性/30代

皮膚科に転科したのは、自身の子どものためです。私の子どもはアレルギー体質で、皮膚がボロボロになっています。そこで、私自身もいろいろと知識を身につけたいと思い、これまでの内科から皮膚科へと転科することにしたのです。

 

そうすることで、子どもの肌の状態などもしっかり把握することができます。もちろん、子どもの治療にも自分が役に立てられると思います。そんな理由から、インターネットで医師の転職サイトを探してみました。

 

私が活用したのは、専門の転職コンサルタントがいろいろとアドバイスしてくれるというサイトでした。そのため、私の希望をしっかり取り入れた上で、より良い職場を提案してくれたので、とても良かったです。

 

親身になって探してくれました。そして、現在、皮膚科に転科してから3年が経とうとしています。幸いにも私の子どもの皮膚の状態も良くなっていき、見事に仕事が子どもにも役立てられたようです。思い切って転職して正解でした。

 

内科医から皮膚科医への転科(女性/40代)

女性/40代

私はこれまで、総合病院の内科医として精力的に取り組み、週に1回の当直もこなしてきました。もっとも、40歳を過ぎた頃から体力的に辛くなってきたのです。

 

今後、子供の進学のための受験サポートや、近いうちに発生するであろう親の介護、自分の更年期などを考えると不安になり、少し楽な職場に転職したいと考えました。内科医としての外来勤務も考えましたが、もう少しプレッシャーの少ない診療科へ移りたいと考え、以前から興味があった皮膚科への転科を思い立ちました。

 

もっとも、今から研修生に混じって研修を受ける勇気はありませんし、研修に耐える体力があるかも不安です。そこで、週4日くらいで働けて転科歓迎の求人がないか、転職支援サイトに登録して相談してみることにしたのです。

 

こんな我が儘な願いはかなわないよな、やはり内科の日勤を探すかと思っていた矢先、皮膚科専門医が複数在籍するクリニックで、転科歓迎の非常勤医を募集していると連絡が入ったのです。内科医としてのキャリアも評価してもらえ、今は助手として外来診療から始めています。

 

眼科医から皮膚科医へ(女性/30代)

女性/30代

私が学生だったころはコンタクト医の全盛期で、その後はレーシックも流行って眼科は人気かもと軽い気持ちで眼科医を目指すことにしました。

 

もっとも、今はコンタクト医の求人も少なくなりましたし、レーシックも一部で生じたトラブルで下火になっています。もちろん、高齢化に伴い緑内障や白内障などの治療患者は増えていますが、私が勤務しているクリニックはオフィス街にあるため、訪れるのは検診かものもらいや結膜炎といった患者さんがメインです。

 

もう少し、スキルや経験を磨ける職場に移ろうと転職を考えましたが、その時ふと転科が頭をよぎりました。自分が最近、イボができてその除去のために皮膚科にお世話になったこともあり、皮膚科への転科と同時の転職はできないかと思い、転職支援サイトで登録を行い相談してみました。

 

その結果、転科歓迎の求人が見つかり、今では専門医によるマンツーマン指導のもと、診療のほか小切開手術も行えるようになっています。

 

よくある質問

皮膚科に転科したい場合、どのような方法があるでしょうか?

1つには街中にもある皮膚科のクリニック等で皮膚科志望の医学部学生や初期研修医、
後期研修医、転科希望者も歓迎といった求人を探すことがあります。

 

院長一人で運営しているようなクリニックだと無理がありますが、複数の皮膚科医と皮膚科専門医が在籍しているクリニックでは、転科希望者も常勤医や非常勤医として受け入れ、指導をしてくれるところがあります。

 

一方、本格的にイチから学び、研修後に皮膚科専門医取得を目指したいなら、大学病院等の皮膚科で実施している、日本皮膚科学会専門医プログラムに沿った皮膚科後期研修や皮膚科教育プログラムに応募するのがいいでしょう。

 

皮膚科医への転科を検討していますが、後期研修に研修医でなくても参加できますか?

後期研修医だけでなく、広く希望者を募集いしている研修プログラムも少なくありません。

 

出身大学や卒後研修施設も問わず、入局してから大学の違いで差別される心配はまずありません。

 

また、他科からの皮膚科への転科希望者や、子育てや介護等の事情で
退職後に再びキャリアアップを目指す方など、やる気さえあれば受け入れてくれます。

 

5年の研修の後、日本皮膚科学会規定の実績を満たせば専門医試験も受験ができるようになり、
一見時間がかかるように見えてもキャリアアップにはスムーズな道です。

 

研修中の生活は大学病院にもよりますが、収入は大学規定分とアルバイトで補う方が大半です。

 

1年目は月に3回程度の当直をこなしながら大学病院に勤務し、
それ以降は関連病院で教育を受けられるケースもあります。

 

大学病院等での皮膚科研修はどのように実施されますか?

皮膚科の外来診療や外科手術はまずは助手からスタートし、基本処置やパッチテストなどのアレルギー検査、局所麻酔を使った簡単な手術は1年以内に1人でもこなせるように実践的な研修が行われます。

 

その後は指導医のもと皮膚疾患患者の主治医として診療にあたります。

 

症例数が大きなところを研修先に選べば、様々な全身疾患に伴う皮膚症状が学べ、皮膚科外科手術なども多彩に実践が積めます。紫外線療法や表在性血管腫レーザー照射療法、CO2レーザーなどの最新機器がある研修施設なら、将来に役立つ技術を習得することが可能です。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。