病理医から臨床検査科へ(女性/40代)

女性/40代

私は医師の診断の裏方として、病理科で長く働いてきました。
子育てしながら働きやすい職場で、診断の腕もかなり上がったと感じています。

 

もっとも、子育てがひと段落するともう少し患者さんの近くで働きたいという欲求が出てきました。コツコツ地道な仕事も好きなのですが、人との交流も大好きな私です。とはいえ、病理医が患者の前に出るということはほぼないケースなので、私の希望が叶うような募集はないだろうなと思いました。

 

そこで、ダメ元でと思い切って転職支援サイトに登録し、キャリアアドバイザーに相談してみたのです。医療界での豊富な経験と専門知識を持つキャリアアドバイザーから、臨床検査科はどうかと提案を受けました。

 

大学病院などで院内の検査を一括して請け負っているところで、募集は少ないけれども、ちょうど補助の職員を募集しているというのです。臨床検査技師が大半の職場ですから、医師は1人体制だったそうですが、地域の衛生検査所の委員の職も兼ねていて、科を空けることが多いため、もう1人補充するとのことです。ラッキーなチャンスを得て、無事、患者さんの検査を身近で対応できる職場に転職できました。

 

主人の転勤でもしっかり転職先が見つかった(女性/30代)

女性/30代

私は臨床検査センターに勤務していましたが、会社員である主人の転勤で慣れない土地に引越すことになり退職せざるを得なくなりました。

 

臨床検査の医師というのは募集も少なく、これは困ったことになったなと思ったのですが、転職支援サイトに登録したおかげで、かなりスムーズに転職先を見つけることができたのです。登録は主人の転勤が決まってすぐに行い、引越す前から仕事探しを始めました。

 

キャリアアドバイザーの方は同じ女性で、とても親しみやすくきめ細やかな対応で、「大丈夫、必ず見つかります」と心強い言葉をかけてくれました。引越しの片づけが終わり、ひと段落ついた頃、彼女から連絡が入ったのです。引越す前はメールや電話だけのやり取りでしたが、新天地で初めて地元の営業所にいる彼女とお会いしました。

 

そして、大学病院の臨床検査科の求人を紹介していただいたのです。医師2名、技師30名体制のところ、医師の1人が離職されたとのことで、ちょうど欠員を補充したいとのことです。彼女の同席で面接もスムーズに行き、無事に新天地で仕事をスタートできました。

 

臨床検査センターへ転職(女性/30代)

女性/30代

私は病院内の臨床検査科で医師として、患者さんの対応と検査の統括補助をしてきました。ベテラン部長の医師1名と技師20名、看護師3名という部門で、院内のほとんどの検査を担っています。

 

もっとも、技師が主体の部門なので私は産休も取れましたし、育休も1年取得させてもらったのです。ですが、それからが困りました。子供がアトピーと喘息が酷く思うように保育所にも預けられず、職場にお休みをもらうことがしばしばあったのです。

 

これ以上、職場に迷惑はかけられないと思い仕事を辞めることにしたのですが、主人からは病気の子供とずっと付き合っていて育児ノイローゼになっても困るから、少しは働いたほうがいいと言われました。私としてもキャリアを中断するのは忍びなかったので、ダメ元で子供との時間が確保しやすい職場があるか転職支援サイトに登録して相談してみたのです。

 

その結果、紹介していただいたのが臨床検査センターでの非常勤医師の募集でした。
今では週に3回、6時間ほどの勤務をさせていただき、子供の病気と向き合いつつ、仕事も頑張れています。

 

よくある質問

臨床検査部門の医師求人に興味がありますが、どのような業務を担いますか?

臨床検査科では尿検査や血液検査、心電図検査や超音波検査をはじめ、呼吸機能検査や脳波・筋電図検査など多彩な検査を実施します。検査センターや病院の検査部門や検査科に所属しますが、一部の大学病院など大病院では患者と直接接して検査を専門的に受け付ける臨床検査科が設けられているところもあります。

 

各診療科の検査を一手に引き受けるところで、患者が医師の指示や看護師の付き添いのもと、検査を受けに来ます。

 

検査専門医と各分野ごとの専門を持つ臨床検査技師が協同して検査を行いますが、
患者との対応は主に事務員や看護師が行うケースも少なくありません。

 

最新の分析機器が導入され、血液検査の大部分の項目は検査から30分から1時間ほど待てば結果がでる体制が取られていたり、各診療科の医師による診察の待ち時間の間に検査結果が出る診察前検査が実施され、正確かつスピーディーな対応を求められるようになりつつあります。

 

術中検査や急患対応など、主要な臨床検査などでは1日体制で実施し、救命救急医療や入院診療のサポートを行うところもあり、その場合、当直があるケースもあります。また、近年のエボラ出血熱をはじめ、感染症リスクの増大に伴い、感染症の早期診断や適切な治療の支援、感染対策部門と連携した院内感染防止活動なども担います。

 

臨床検査科の医師になるには、どのようなプロセスを踏めばいいでしょうか?

臨床検査科で活躍する医師は、臨床検査医学を専攻し、
日本臨床検査医学会臨床検査専門医であることがほとんどです。

 

そのため、後期研修において臨床検査医学科などのプログラムの募集に応募するのがいいでしょう。

 

大学病院でも実施しているところは少な目で、病理診断科と共通プログラムになっているケースもあります。2年の研修で解剖資格、3年で日本臨床細胞学会、日本病理学会または日本臨床検査医学会の受験資格が与えられます。

 

試験に合格すればそれぞれの専門医修得も可能です。

 

応募するにあたっては、それぞれの学会の認定施設になっている病院を選ぶのがおすすめです。
そのほか感染制御医や輸血専門医、超音波専門医などの資格も習得できればなおベストです。

 

臨床検査医の募集はどのようになっていますか?

臨床検査はその多くを臨床検査技師が担うため、
医師はそのコメディカルを統括する役割を担い、募集は極めて少ないです。

 

大学病院などの検査科でも、30名から40名もの臨床検査技師に対して、医師は1名といった構成になっているため、後期研修の段階から参加するか、医師専門のコンサルタントがいる転職支援サイトを活用してみましょう。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。