消化器外科から腫瘍内科に転職(女性/40代)

女性/40代

私はこれまで消化器外科医として大腸がんや胃がん等の手術を手掛けてきましたが、
手術治療の後はたいてい抗がん剤治療が必要になります。

 

もっとも、この治療が手術以上に患者さんにとっては大変で、副作用などで肉体的にも精神的にも苦痛が生じることが少なくありません。見守るご家族も大変で、どうにかこの苦痛を軽減したいと、当初は緩和ケア外来か緩和ケア病棟の医師募集求人を探していました。

 

ですが、腫瘍内科の求人と出会い、気持ちが変わりました。日本では手術を担当した外科医などが抗がん剤治療を手掛けることが一般的ですが、欧米では抗がん剤治療の専門家である腫瘍内科医が行っているそうです。

 

そこでは緩和ケアや精神的なケアも含めたトータルサポートが図られると利き、興味を持ちました。日本ではまだまだ腫瘍内科を標榜する医療機関は少ないですが、数少ない求人と転職支援サイトを通じて出会えたことで、こちらに応募することに決めました。今では専門性を上げるため、頑張る毎日です。

 

腫瘍内科のある病院で、働く事が決まりました(男性/20代)

男性/20代

体調不良を訴えていた母に検査入院を奨めたところ、悪性新生物つまりがんを発症しているとの事で、即入院する事が決まりました。私自身、医師としてこれまで幾度と無く患者さん本人やご家族に、告知してきたものの、自分の母親が告知された事で、死というものを初めて実感したような気がします。

 

命というものの重さ、大切さを改めて認識するようになった事から、がんに内科的に関わっていける、腫瘍内科で働きたいと考えるようになったのです。とは言うものの、未経験の為どのように転職活動を行って良いものか分かりません。

 

腫瘍内科で医師を募集しているのかどうか、自分で調べるのも手間が掛かります。
そこで、医師専門の求人サイトに登録し、転職活動をサポートして貰う事にしました

 

コンサルタントが要望をしっかりと聞き、厳選された求人案件を紹介してくれたのです。今では紹介して頂いた腫瘍内科で、患者さんの為に働いています。効率的に転職活動を行いたい場合、求人サイトを活用したほうが賢明です。

 

時代にあった専門知識を身につけるために(女性/20代)

女性/20代

腫瘍内科と聞くと、一般の方にはピンと来ないようです。会社役員の親に話しても、外科との違いすら分からないようでした。知名度が低い科目は、同時に募集が少ない科目でもあります。私は今後の需要が高まりそうで、しっかり勉強できそうな腫瘍内科を希望していましたが、狭き門という点でくじけそうになっていました。

 

しばらく夜勤や研修で忙殺されていましたが、久しぶりで何もない休日になり、ゆっくりパソコンに向かうことができました。医師の転職サイトがあるという話は聞いていたのですが、サイト名がわからず、延ばし延ばしになっていての、この機会です。

 

見つけた先で、試しに希望を入れてみたら、なんと即ヒットしました。
どの病院にでもある科目ではないだけに驚きました。

 

また、勤務条件を入れて探すことができたので、知人の紹介で応募した時にある、後から条件が合わなくて困るという事もありません。知り合いから紹介されるよりも気楽で、本当の希望を言えるからお勧めですね

 

よくある質問

がん治療は様々な診療科で実施しますが、腫瘍内科の位置づけはどうなっていますか?

腫瘍内科はがんに対する薬物療法である抗がん剤治療を中心に、外科手術ではなく内科的に治療を行う科目です。

 

抗がん剤治療はがん治療で大きな役割を担うものの、副作用が強く、
患者さんやそのご家族に肉体的・精神的苦痛を与えるほか、時には重篤な副作用をもたらすこともあります。

 

一方、安易に投与量を減らせば効果がなくなるため、腫瘍内科の専門医による厳密な管理が必要になります。

 

腫瘍内科がある医療機関では、これまで各診療科が行ってきた抗がん剤治療を、
より専門的な見地から担い、各診療科をサポートする位置づけになります。

 

腫瘍内科の医師に求められることはなんですか?

腫瘍内科の医師として求められるのは、抗がん剤治療のスペシャリストになることです。

 

さらに通常は大腸がんなら消化器外科や内科、乳がんなら婦人科や乳腺外科といった専門医も院内にいるため、各診療科との連携が不可欠で、協同しながら適切に抗がん剤治療を行うことが求められます。

 

抗がん剤治療の現場では標準治療と呼ばれる、世界で最も優れた最善かつ
最良の治療を提供することがモットーとなります。

 

そのためにはチーム医療が重要となり、腫瘍内科医をはじめ外科医や婦人科医、放射線治療医や精神科医、がん専門・がん化学療法認定・緩和ケア認定・がん性疼痛認定などの各専門看護師、薬剤師や管理栄養士、ソーシャルワーカー、緩和ケアスタッフなど様々なスタッフとの連携が求められます。

 

腫瘍内科の医師は、その中でも調整役としてチームをコーディネートする役割が求められます。

 

また、抗がん剤治療における患者さんやそのご家族の肉体的、精神的苦痛を軽減できるよう、
患者の気持ちに配慮し、メンタル面のケアやQOL向上も目指さなければなりません。

 

腫瘍内科の募集動向はどのようになっていますか?

がん治療先進国であるアメリカでは、外科系の医師が抗がん剤を用いることはほとんどなく、腫瘍内科医が行っています。近年日本においても、がん専門病院をはじめ、全国の大学病院や総合病院でも、新しく腫瘍内科を新設する医療機関が増えています。

 

日本人の2人に1人はがんを発症し、3人に1人はがんが理由で亡くなる時代です。
今後益々、募集は増えていくと見られ、新設する際には特に応募のチャンスがあります。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。