専門性を極めるために(男性/30代)

男性/30代

私は脳神経外科を専門として脳卒中等の手術にあたってきましたが、現在の病院では科目があまり細分化されておらず、脳神経内科と外科との中間にポジションがあるような形でした。

 

患者とは手術前後の診療や手術、病棟で接するくらいでしたので、もっとしっかりしたポジションで働きたいと思い、脳神経外科の標榜科がある病院への転職を目指すことにしました。利用したのは医師専門の募集サイトです。

 

診療科目や地域や待遇などの条件を指定すると、希望の条件に見合った求人がすぐにヒットするので、忙しい勤務をこなしながらの転職には大変役立ちました。おかげでスムーズに仕事が見つかり、今では週に3回は午前中に外来に出て患者としっかりコンタクトがとれ、手術の時間も集中できています。

 

緊急対応が多い科目でもあるので、脳神経外科医として頼ってもらえる環境も整い、指導をしてくださる先輩医師も多いため、今後のキャリアアップにも期待が持てそうです。

 

体力的にゆとりが持てる職場へ転職(男性/50代)

男性/50代

長年、脳神経外科医として第一線で働いてきましたが、年齢のせいか週に何度も手術が重なると疲れが残るようになってきました。常にベストな状態で手術に臨みたいと思い、もう少しゆとりが持てる職場への転職を考え、医師専門の転職支援会社で相談をしてみたのです。

 

直接面談で相談をしたのですが、2時間ほどかけて私の話やこれまでの経歴などを詳しく聞いてくださいました。転職の理由についても十分に納得していただき、条件に合った募集を探してもらうことになったのです。

 

数日も経たないうちにメールが入り、求人をご紹介いただきました。比較的規模が小さい病院で、緊急対応以外では手術日は週に1度の割り当てで、当直は週に1度程度ということです。

 

コンサルタントの方がだいぶ交渉してくれたようで、私の経歴などをアピールしてくれたことで先方も私の希望に合わせてでもぜひ来てほしいとおっしゃってくれたとのことです。募集を探すだけでなく交渉力もあるのだと感心し、転職へと結びつきました。

 

スキルアップできる職場へ(男性/30代)

男性/30代

私はとある病院で脳神経外科医として勤務していましたが、職場の指導体制に不満を感じていました。指導の教授が病院の副院長もしており、経営面でも忙しいのもあり、出張で不在の時も多いうえ、十分な指導や術後のレビューなどが満足に受けられないため、自分のレベルに不安を感じていたのです。

 

そこで、もっとしっかりスキルが磨け、適切な評価を受けられるところで学びたいと考え転職を決意しました。医師専門の募集サイトに登録したところ、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれるとのことで驚きました。

 

募集情報が提供されるだけの場かと思っていたのに、個別面談での相談ができ、
狭い世界にいると分からない目から鱗のアドバイスもしていただけたのです。

 

結果としてご紹介いただけたのは、最新の手術設備が整い、学会でも注目されている指導医がいる病院でした。指導医とも採用前に面談をさせていただきましたが、高い技術を持つのに物腰が柔らかく、患者を治すことへの熱意が伝わってきて、ここの指導医ならついていけると転職を決めたのです。

 

よくある質問

脳神経外科医に転職すると、脳卒中などの手術に特化できますか?

欧米諸国の脳神経外科では業務が縦割りになっており、手術に専念することができますが、日本では高度な手術だけでなく、診断から術後の管理まで幅広く対応が求められます。実際の臨床現場においても、頭痛などの一般的な救急対応にはじまり、血管撮影などの画像診断、非外科的治療も行います。

 

外来診療では頭痛を訴える患者やてんかんなど神経系の疾患患者も多く、薬物療法や理学療法による治療のほか、脳ドックなどの予防医学も担当するのが一般的です。

 

悪性脳腫瘍の化学療法や免疫療法、分野を超えた疾病に対するガンマナイフやサイバーナイフなどの定位的放射線療法も行うほか、脳卒中の後遺症に対するリハビリも担当することがあります。つまり、脳や神経系統の病気を診断から治療、長期予後まで一貫して担当するのが我が国の脳神経外科医の領域になります。

 

長期的なケアを必要とするケースが多いので、1人1人の患者と責任を持って長く向き合うことが大切となります。

 

脳神経外科医へのニーズはどのくらいありますか?

臨床研修が必修化されてから、若手医師の外科離れが顕著になっています。

 

脳神経外科についても同様で、脳卒中等の脳血管障害や交通事故等による頭部外傷や脊髄脊椎疾患の画像診断や手術などを担える脳神経外科医へのニーズは非常に大きくなっています。一方、外科的手術だけでなく脳神経疾患に対する内科的治療やリハビリテーションの分野でも脳神経外科医へのニーズが高まる傾向にあります。

 

脳神経外科医の募集にはどのような傾向がありますか?

若手医師を中心に外科医不足が深刻化しており、大学病院や総合病院、専門病院においては脳神経外科のベテラン医師や専門医はもちろん、若手の後期研修医まで幅広く募集されています。

 

また、術後のケアや脳神経疾患の後遺症に伴うリハビリテーション専門病院をはじめ在宅医療、
予防や早期発見のための脳ドックがある人間ドック施設などの求人も増加しています。

 

そのため、外科系のなかでも、非常勤やアルバイトでも働いて欲しいという常勤以外の募集も増えています。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。