定年後も医師として貢献したい(男性/60代)

男性/60代

長年勤めた病院を定年退職したあと、どうしようかと考えていました。定年といってもまだまだ元気ですし、人生90年時代、ぼーっとしていては体も老化する一方です。

 

医師というのは生涯現役が貫ける職業ですが、さすがに今から独立開業する気力はなく、どこかでアルバイトができないかと探すことにしたのです。目に留まったのが、ネットの医師専門の求人サイトで募集していた老人保健施設の仕事です。

 

日中のみの勤務で週に5回、1日6時間というワークスタイルで、これまでの病院勤務に比べれば楽なものです。しかも、業務内容はバイタルチェックや医療相談、リハビリ等と緊急時の対応が必要であり、これまでのような大きなプレッシャーからは解放されます。

 

自分と年代も近い世代の方と触れ合うことになるので、自分や妻の将来の暮らし方についても勉強になると考えています。再就職により、生活にメリハリも出ますし、世代が近い医師ということで、皆さんから信頼されるのも嬉しく感じています。

 

妻と旅行を楽しみながら収入もしっかり確保(男性/50代)

男性/50代

総合病院の医師として地域の医師不足で大変な中、オンコールにも応え、年間の休みも数えるほどに突っ走ってきました。自分では医師として充実していたと思いますが、家族には寂しい思いをさせたと思います。

 

特に妻には子育てや家庭のことを全て任せた上、家族旅行などにも連れて行ってあげられませんでした。それでも何も言わずに支えてくれた妻に少しでも報いたくなり、定年までの少しの間、緩やかな仕事に就きたいと思い老人保健施設の募集を探したのです。

 

ところが転職支援サイトを通じてコンサルタントから紹介されたのは、老人保健施設の施設長という求人でした。私の経歴やキャリアにもピッタリだし、先方にも打診したところ是非お迎えしたいと言っているとのことです。

 

もっとも、施設長となると責任も重く、また時間がなくなるのではと懸念しました。ですが、よく話を聞いてみると、安定期の人しか入居していないので当直もオンコールもなし、週4日の日勤勤務で、年収は1400万円という好条件の提示を受けたのです。抜群の待遇で、今では月に1度の割合で妻と温泉旅行を楽しんでいます。

 

60歳はまだまだこれから(女性/60代)

女性/60代

私は長年、総合病院の内科医として突っ走ってきました。今ほど女性が働きやすい制度もなかった時代ですから、子供を産みたい女医が次々と退職する中、私はお腹が大きいまま診療を続け、出産後も1ヵ月余りで復帰しています。

 

子育ても医師もあきらめることなく、走り続けて定年退職を迎えることになりました。当初は今まで走り続けてきた分、のんびりしようとか、旅行に行ったり趣味を持とうと思っていました。ですが、いざ辞めるとなると、まだやり残したことがある気がしますし、体力的にもまだまだ頑張れそうです。

 

そこで思い切って娘から教わった転職支援サイトに登録してみました。60代の求人なんてそうそうあるまいと思っていたのですが、すぐにメールで案内が来ました。それは、老人保健施設の健康管理や入所者のリハビリ計画を作成する医師の募集でした。

 

週に4日の日勤のみでいいので、ご自身の時間も作りながら働けますというコンサルタントの言葉に納得し、
今は新しい趣味を始めつつ、高齢者のケアを担当しています。

 

よくある質問

老人保健施設の施設長という求人を見つけましたが、当直はしなくてよいのでしょうか?

近年、老人保健施設において施設長も兼ねた医師求人が増えています。

 

その施設にもよりますので求人内容をしっかり確認する必要はありますが、
多くの求人で日勤のみ、土日は休みで週4日程度の勤務というケースが多くなっています。

 

求人に日勤のみとあっても、施設長という施設を統括する責任を負いながら当直がなくていいのだろうか、という疑問を持たれる方も少なくありません。ですが、もともと老人保健施設というのは急性期から回復期に入り、病状が安定した方が社会復帰やご家庭での生活の復帰を目指して入所される施設です。

 

そのため、急性期の患者さんが基本の病院の病棟勤務と異なり、医師の緊急出動ニーズは低い施設となっています。
また、夜間は介護職員などが待機しており、いざ急変や急な病気が発生した時には、併設する病院やクリニックの当直医や、近くの連携病院に搬送するという体制が整っています。

 

そのため、施設長であっても当直がなく、比較的穏やかな勤務体制で働けるのが魅力です。

 

老人保健施設の医師の業務は、主にどのようなことですか?

老人保健施設の医師の主な業務は入所者の日々の健康管理と、入所者が早期に社会復帰やご家庭での生活ができるようになるよう、医療的な観点も含めて計画を立てることになります。

 

また、日々の健康管理から、その計画がうまく行っているかを見極め、お一人お一人の入所者に合わせて計画変更を行ったり、介護職員やリハビリを行う理学療法士への指導や連携を行います。

 

通常の生活に入るうえで、薬の量が多過ぎる等の判断をした場合には、
かかりつけの医師と連携して薬を減らしたり、入居中の処方を変更する場合もあります。

 

老人保健施設の求人に応募する医師は、どのような方が多いのでしょうか?

老人保健施設の医師の募集は、その内容にもよりますが、日勤がほとんどで、週に4日程度の勤務も多いため、
子育て中や家庭と両立を図りたい女性や、そろそろリタイアを考えるベテラン医師の応募が多くなっています。

 

特に施設長を兼ねる募集では、経験豊富で人望にも優れたベテラン医師を求める求人が多くなります。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。