緩和ケア病棟がある病院へ転職(男性/40代)

男性/40代

長年、医師としてがん治療に携わってきましたが、手術や化学療法では残念ながら限界がある部分もあります。末期になると体中の痛みを訴える方も多く、その苦しみは見ている周りも辛いものです。

 

最期のときを可能な限り安らかに過ごしてもらいたいという思いが募り、緩和ケアに興味を抱きました。もっとも、勤務していた病院ではターミナルケアがまだ促進されていなかったため、緩和ケア病棟がある病院の募集を探すことにしたのです。

 

どうやって探すか、近隣の病院のホームページで緩和ケア病棟の有無をチェックするしかないかと考えたり、仮に見つかってもその病棟勤務の医師を募集しているとは限らないなど、色々模索しました。

 

ですが、医師求人専門サイトを利用してみたら、検索条件の指定ですぐに条件に見合った複数の求人を見つけられたので、なんて便利なんだと思ったものです。転職は初めてでしたので、今までこのようなサイトがあるのも知らなかったのですが、おかげで自分が志す医療現場に転職することに成功しました。

 

希望の緩和ケア病棟に転職(女性/40代)

女性/40代

父が苦しんだ末ガンで亡くなったこともあり、緩和ケアに興味を抱くようになりました。もっとも、緩和ケア病棟を備える病院はまだまだ少なく、なかなか医師の募集も見つけられません。

 

スムーズに探すにはどうすべきか悩んでいたところ、近頃転職した仲間から医師専用の転職サイトがあると教えてもらい、登録してみることにしました。検索して自分で探すだけのサイトかと思ったのですが、専任のアドバイザーが付いて希望をヒアリングしてもらえ、数日も経たないうちに希望に見合った求人を案内してもらえたのです。
 
募集人数はたった1名、新着したばかりの非公開求人を案内してくれたのでした。ありがたいと思いながら応募して面接に臨み、アドバイザーの計らいで病棟見学などもさせていただきました。

 

こんな病棟に父を入院させてあげていたらと涙が出そうになるほど、患者さんたちが穏やかに過ごされていたのに、強く魅かれました。先方からも採用の連絡をいただけたので、父にできなかった分、頑張っていきたいと思います。

 

患者さんの苦しみに接して転職を決意(男性/30代)

男性/30代

私は総合病院に医師として勤務していますが、近年はがん患者さんが増え、私の担当もその多くががん手術や末期を迎えた方たちです。

 

学生時代にも学んではいたはずが、現場に出て目の前で患者さんの痛みや苦しみに接し、どうすることもできない自分に苛立ちを覚えます。化学療法や手術の道だけでなく、穏やかに最期を迎えることができたらと思い、緩和ケアに興味を持ちました。

 

もっとも、勤務していた病院には緩和ケア外来や病棟はありませんでしたので、自分の想いを実現できる職場で患者さんをサポートしたいと、転職を決意したのです。募集サイトで見つけたところは、引越しをしないと無理なところでしたが、職員寮もあるというので思い切って転職に踏み切りました。

 

病院の敷地内にマンションタイプの職員寮があり、通勤も楽々です。患者さんのお部屋からは富士山が眺められるなど、穏やかに過ごすには最適な環境でした。痛みが襲ってくる状況は変わらないとしても、ここでは安心と安らぎが用意されており、私も心穏やかに診療に臨めています。

 

よくある質問

緩和ケアに携わりたいと考えていますが、医師としてのニーズはありますか?

緩和ケアは抗がん剤や化学療法による副作用や、がんの進行に伴い全身の痛みを訴えるがん患者の苦痛を緩和し、
患者とそのご家族のQOLを高め、穏やかに人生を送れるサポートをするものです。

 

がんは日本人の死因で最も多い疾病であり、3人に1人ががんで死亡しています。手術や薬剤による治療が一般的な中、罹患者の増加に伴い、敢えて治療を受けないという選択をする方も増えてきました。

 

芸能人の罹患や闘病、急逝といったニュースでも、様々な方法や選択が話題となっており、
今後ますます、人間の尊厳を保つ治療として緩和ケアへのニーズが高まることが予想されます。

 

医師として緩和ケアに携わるうえで、必要なスキルや能力はありますか?

緩和ケアではがん末期の患者の、ペインコントロールのノウハウが求められます。

 

痛みや倦怠感、食欲不振といった身体的症状はもちろん、悲しみや絶望感など精神的な苦痛も感じます。

 

緩和ケアに従事するうえでは、患者さんはもちろん、そのご家族も含めて、身体的なものだけでなく、
精神的な苦痛を和らげ、穏やかな時間を過ごせるサポートができなければなりません。

 

患者や家族の気持ちや状況を思慮できる能力と、精神的なケアができる能力も不可欠です。

 

スキルとしては緩和ケア専門医の資格を取得していると、転職には有利に働きます。

 

また、内科系や外科系はもちろん、痛みを麻酔によってケアできる麻酔科や、
精神的なカウンセリングができる精神科などの出身医師も少なくありません。

 

また、緩和ケアは医師1人で行うものではなく、多彩な診療科の医師に看護師、薬剤師、栄養士などが
専門チームを組むため、チーム医療を推進できる能力や連帯スキルも求められます。

 

緩和ケアの医師の募集の傾向を知りたいのですが?

緩和ケアを行っているのは主に大学病院や大規模病院で、
がん診療連携拠点病院には、緩和ケアの専門チームがあります。

 

がん診療連携拠点病院は2014年3月時点で全国に397施設、そのほか、
緩和ケア病棟を開設している医療機関が303施設あります。

 

まだ、数は少ないですが、がん患者の増加に伴い新規立ち上げを検討している医療機関から、
新規メンバーの募集が出る可能性もあります。

 

一方、在宅における緩和ケアニーズも増大しており、
在宅診療事業所や地域のクリニック等の往診医の募集もあります。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。