予備軍が増えているからこそ必要(男性/30代)

男性/30代

糖尿病を専門的に診ることのできる医師募集が増えてきています。予備軍も含めると、相当な数になっていることから、今後、専門医の需要はどんどん増えることが予想されます

 

私の家系にも糖尿病患者が多いので、私自身も油断できない状態です。だからこそ、せっかく医師免許を持っていることもあり、糖尿病のプロフェッショナルとして仕事ができるようになりたいと思うようになりました。

 

医療系の転職サイトがあることを医師仲間に教えてもらい、キャリアアドバイザーの方と面談を重ねて、応募先を決定しました。一昔前に比べると、たしかに、このような専門医の需要は多くなってきたような気がします。専門医となるために必死で勉強し、応募する前に様々な知識を身につけました。

 

その甲斐あって、今は糖尿病専門医として働くことができています。できるだけ患者を増やさないようにするためにも、予防が大事です。予備軍の人たちにも積極的に受診してもらえるよう、医師として働きかけているところです。

 

糖尿病専門医を目指して(女性/30代)

女性/30代

卒業後、オフィスビル内にあるクリニックに内科医として就職しました。快適な高層ビル内にあって駅近で、患者さんはビジネスマンやOLさんがほとんどです。

 

そのせいか、症状は風邪や腹痛、それと多いのが生活習慣病です。血糖値や血圧をコントロールするための通院が多く、本当に国民病化しているなと感じました。日々診察をしていくなかで、糖尿病に悩む患者さんをもっとしっかりケアしていきたいと考えるようになり、糖尿病専門医を目指したいと決心しました。

 

そこで、より専門的に経験を積みたいと思い、糖尿病専門のクリニックか病院の求人を探そうと転職サイトに登録してみました。多数の求人から自分で見つけるのは困難でしたが、コンサルタントのおかげで、指導医からの指導が受けられる認定教育施設で、専門医資格を持っていない医師を募集している求人をすぐに紹介してもらうことができました。

 

3つほどの候補の中から、実際に病院見学に行って比較検討し、そのうちの1つで現在修行中です。

 

病院から糖尿病クリニックへ(女性/50代)

女性/50代

私は病院の内分泌内科医として勤務しており、月に4回ほどの救急や病棟の当直もこなしてきました。子育て中も数ヵ月程度の休みで復帰した私でしたが、母親が軽度であるものの介護が必要な状態となり、当直や長時間の勤務が難しくなってきたのです。

 

長い病院生活とサヨナラするのは辛いところもありましたが、思い切って転職しようと決意しました。もっとも、内分泌内科医として介護と両立できるような職場があるのか不安でした。

 

ですが、その不安も転職支援サイトに登録したことですぐに解消できました。これまでの糖尿病患者への豊富な診療経験をもとに、糖尿病専門のクリニックの医師募集を紹介していただけたのです。非常勤なら週2日からでよく、時間帯も午前中のみや午後の外来のみで応相談とのことでした。

 

患者さんも会社員や主婦など、食事指導や生活指導が必要な方が中心で診療もスムーズな職場です。
今は週に4回ほど、ヘルパーさんが来ている間の午後に診療を行っています。

 

よくある質問

糖尿病患者を主に担当する医師はどのような能力が求められるでしょうか?

糖尿病医というとかつては内科、近年ではさらに専門化した内分泌代謝内科、
さらに糖尿病専門外来の診療科が担当をする傾向にあります。

 

もちろん、地域や病院の規模、患者さんが通院先として選ぶ医療機関の種類によっても、どの診療科で担当するかは異なりますが、糖尿病を専門的に扱っていきたいなら、まずは一般内科から内分泌代謝内科への転職がおすすめです。

 

内分泌代謝内科は領域が非常に広いですが、そこで主に膵疾患と糖尿病の診療の実績を積むことです。そして必要な経験と研修、試験を受け、糖尿病専門医になることが糖尿病医としてのカギを握ります。糖尿病は患者数が多いのはもちろん、複雑な合併症も併発するため、適切な治療を行ううえでも専門性が求められるからです。

 

単なる内科医であることと、糖尿病専門医を標榜しているかで、糖尿病患者からの信頼も大きく変わってきます。

 

また、成人ほどの罹患数ではありませんが、小児糖尿病の専門医として、小児科医からスキルを磨く道もあります。小児糖尿病は主に先天性や遺伝によるものですが、近年は子供の肥満化により生活習慣に基づく糖尿病患者も増えつつあります。そのため、小児科の分野でも糖尿病専門医を取得することは、医師としてのキャリアを広げ、転職等にも有利に働くはずです。

 

糖尿病を担当する医師は、女性でも働きやすいでしょうか?

糖尿病の場合、基本的に外科的な手術もなく、入院治療よりは家庭における生活習慣の見直しが基本となります。

 

そのため、基本的に外来診療のみの勤務も可能なので、女性医師も働きやすいです。
また、近年では晩婚化や高齢出産に伴い、妊娠糖尿病や糖尿病合併妊婦といった症例が増えつつあります。

 

妊婦の多くが女医を希望するため、女性の糖尿病専門医へのニーズも高まっています。

 

糖尿病を担当する医師の募集にはどのようなものがありますか?

糖尿病は今や国民病ともいえる病気ですから、全国各地、
小さな診療所や大規模病院まで様々な医療機関で募集があります。

 

個人医院や街中のクリニック等でも、糖尿病専門を標榜しているところもあり、
患者数の増大から募集を行うケースも増えています。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。