専門クリニックから総合病院へ転職(女性/30代)

女性/30代

私は神経内科と脳神経外科が専門のクリニックに勤務していますが、
少しだけ不満がありました。

 

診察の結果、脳神経外科での治療が必要というときはスムーズにご案内ができるのですが、体の痛みやしびれなどの原因によっては整形外科や眼科、耳鼻咽喉科での治療が必要になるケースもあります。

 

そんな時は地域で信頼のおける先生をご紹介するのですが、私たちのクリニックを頼ってきてくださったのに他院に行くというのは手間もかかり、不満そうな患者さんが多かったのです。

 

一ヵ所で済ませる治療環境が整っていたらいいのにと感じた私は、自分もより納得がいく環境に身を置きたいと思い、総合病院への転職を決意しました。神経内科がある病院はそう多くないので、医師募集専門のサイトを利用しました。

 

おかげで神経内科の募集に応募することができ、自宅からも通いやすい病院に転職が決まったのです。
患者様の症状ごとに連携がしやすくなっただけでなく、チーム医療にも参加できて満足しています。

 

認知症のエキスパートになりたくて(女性/30代)

女性/30代

学生時代、祖父が認知症になり、家族が何も分からないまま右往左往した経験があります。今思えば、あの時どうしてもっと祖父のサポートができなかったのだろうと悔やまれてなりません。

 

そんな事から医師としての専攻では神経内科を選びました。現在、総合病院に勤務していますが主な患者さんはてんかんや脳梗塞などが中心です。認知症のエキスパートになりたいと思い、より深く経験ができる症例数が多い大学病院への転職を志そうと考えました。

 

どのようなルートで医師募集に応募すればいいか分からず、転職支援サイトに登録してみました。キャリアコンサルタントの方に希望をお話すると、数日で幾つかの案件をご紹介いただきました。

 

中でも、アルツハイマー型認知症やパーキンソン病、レビー小体病など高齢化に伴う神経難病の症例が多く、治療の研究などにも取り組んでいるという大学病院に興味を持ち、早速応募をさせていただいたのです。実際に面談や見学をして、自分の志が貫けそうでしたので転職を決めました

 

頭痛ケアの専門家になりたい(女性/30代)

女性/30代

私は神経内科医として総合病院に勤務してきましたが、ずっと考えていることがあります。それは頭痛ケアの専門家になりたいということです。

 

神経内科には脳卒中に関連する深刻な頭痛の方がいらっしゃるケースもありますが、いわゆる頭痛持ちの女性なども目立ちます。私自身、実は学生時代に頭痛に悩まされていました。

 

ストレス性のものだったらしく、医師合格後は治ったのですが、そうした頭痛も含め、自らの経験や来院者が多いことからも、苦しんでいる方のサポートをしたいと考えたのです。そこで、より専門性を極められる求人募集はないかと、転職支援サイトに登録してキャリアアドバイザーに相談をしてみました。

 

すると、その場で検索をしてくれ、すぐにあるご紹介を受けたのです。それはとあるクリニックの神経内科外来の募集でしたが、そこでは症状ごとに細かく外来が別れていて、頭痛外来というのがあったのです。専門的に患者さんを診られることに魅力を感じ、すぐに応募し、無事に転職を決めました。

 

よくある質問

神経内科ではどのような能力が求められますか?

神経内科は全身を診る医師とよくいわれます。全身に張り巡らされ、脳から送られる信号を送る神経を診る診療科であり、頭痛や脳卒中、てんかんにはじまり、高齢化により増えている認知症やパーキンソン病などの神経変性疾患や神経免疫性疾患、神経筋疾患など脳から筋肉に至るまで、多岐にわたる疾患を判別する必要があります。

 

その上で手術が必要なら脳神経外科へ、骨や関節のしびれや麻痺なら整形外科へ、精神的な不安から来ている場合は精神科へ、視神経や感覚器官系の疾患であれば眼科や耳鼻咽喉科へと繋ぐ必要があるのです。

 

臓器の特定部分を診る診療科とは違い、システムとしての神経系統を診る必要があり、
日々最新の知見を習得しながら症例を積み、ノウハウを蓄積する必要があります。

 

神経内科へのニーズと、神経内科医を目指すうえでどうすればいいか知りたいのですか?

ストレスを感じやすい社会と高齢化の影響で、脳卒中や認知症、重度の頭痛やパーキンソン病などの罹患者が増加傾向にあり、治療や進行の抑制、リハビリテーションへのニーズが高まっています。

 

また、筋ジストロフィーや筋萎縮性側索硬化症、重症筋無力症、脊髄小脳変性症や多発性硬化症などの神経系の難病については未だ原因が特定されておらず、その究明と治療法の開発が急がれています。

 

生活習慣病などの内科系疾患と関連する疾病も多く、循環器内科や消化器内科などの知見も必須といえます。

 

そのため、一般内科の知識や経験も豊富な神経内科専門医へのニーズが高まっています。神経内科で後期研修を希望する方はもちろん、後期研修後にやはり神経内科を専攻したい医師の方は、まずは日本神経学会へ入会し、大学病院など指定された全国の教育施設や教育関連施設で研修を受けることが望まれます。

 

神経内科の求人にはどのような傾向があるでしょうか?

神経内科医の求人は大学病院や総合病院の脳神経内科や、脳神経外科系の専門病院、
リハビリテーション病棟などを持つ医療機関などで募集があります。

 

大都市圏はもちろん、地方でも増加傾向にあり、高齢化や生活習慣病の増加で脳卒中などの
後遺症を持つ人が増える中、リハビリテーションや在宅医療の分野でも募集が増えつつあります。

 

パーキンソン病やてんかん、神経リハビリテーション、失語症、
筋萎縮性側索硬化症ケアなど専門分野や得意分野があると転職に有利です。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。