需要が多かったので勤務してみた(女性/50代)

女性/50代

老後は夫婦でゆったりと過ごそうと思っていたのですが、産科の医師求人が多いことを知り、引き続き仕事をしています。少子化となってきているとは言え、産科の医師の需要は多くなってきているのです。

 

特に私のようなキャリアがあり、女性という点が重宝されるようになってきています。やはり同じ女性の方が恥ずかしさもなく、妊娠や出産に関する話もしやすいのかもしれません。転職先は医師の求人専門情報サイトを活用しました。

 

その中で、勤務条件の良いところを選びました。年齢的なものもあるので、できるだけ勤務時間が明確なところがいいと思ったからです。転職先は小さな医院ということもあり、それほど患者が殺到することもありません。

 

妊娠して、安定期に入ったら、入院施設のある大きな病院を紹介することになっています。そのため、私が出産を担当することはありません。後は婦人科健診などを行ったり、妊娠検査を行ったりという程度なので、割と気楽です。

 

産婦人科から産科への転職(女性/20代)

女性/20代

私は産婦人科希望でしたが、卒業当初は設備など整った大きい病院が理想と考えていて、大学病院か総合病院にしか目がいきませんでした。

 

もっとも、実際に就職を決めた病院は分娩は基本的に対応しておらず、妊婦健診等で訪れる妊婦さんも、最終的には地元の医院や助産院での分娩を希望されます。よくよく考えると生命誕生の瞬間に携わりたくて産婦人科を目指したのに、自分の職場選択が間違っていたと思うようになったのです。

 

産科の医師としてキャリアを積むには早いほうがいいと考え、まだ入職して2年でしたが転職を決めました。20代の若造医師が転職するなんてレアケースかなと不安だったのですが、求人サイトに登録してみると、20代の転職事例もたくさんあって安心しました。

 

そのほとんどが高いレベルの指導医がいるとか、よりスキルが磨ける環境を目指したキャリアアップのための転職だったので、いっそう励みになりました。おかげで無事、地域の産科医院への転職を果たし、今では助産師さんとともに毎日のように分娩立ち合いの経験を積めています。

 

年収アップで実績も積める(女性/40代)

女性/40代

これまで総合病院の産婦人科に勤務してきました。主に外来で検診や不妊治療にあたるほか、分娩やオペがたまに入る形で、近年は特に不妊治療の割合が増しています。

 

年収は1300万円ほどでしたが、これから子供にお金もかかり、親の介護や自分たちの老後の心配もあり、年収アップを図りたいと考えました。同時に自分が産科医を志した理由でもある、生命の誕生にもっと接する機会が欲しいと思い転職を決意したのです。

 

忙しい中でも見つけやすいと聞き、医師専門の転職サイトに登録し、担当になったコンサルタントに希望を話して求人探しをお任せしました。紹介されたのは年間1700件の分娩を行っている病院で、年収も1800万円の提示を受けました。

 

当直は月に2回から3回だったのが、週に1回に増えますが、子供も高校生になっていますし、父親がいれば特に問題はありません。親が頑張っている姿を見て、将来の目標を立てて欲しいとも思い、転職を決意しました。分娩に携わる機会が増え、産科医としての実績も積めています

 

よくある質問

周産期センターの求人に興味があるのですが、どのような特徴がありますか?

近年、大学病院や大規模な総合病院などに設置される周産期センターはハイリスク妊婦とよばれる妊婦を中心に妊娠から分娩、出生後の乳児のケアを産科医をはじめ各種内科や外科・麻酔科や小児科や小児外科などの各専門医と連携しながら治療にあたっています。

 

合併症のある妊婦や多胎妊娠、未熟児など胎児の管理が必要なケースが主な対象で、急患対応もあります。

 

分娩時などに異常が起こりやすいハイリスク妊婦の分娩は100%安全とはいえませんが、母体安全の確保のため、他科の専門医との連携や硬膜外麻酔や大動脈遮断バルーン、子宮内バルーンといった最新の特殊技術を駆使しながら分娩にあたります。

 

リスクが高くプレッシャーは大きいものの、高度なスキルやノウハウを習得でき、
医師としての力量も高めることができます。

 

分娩を行わないクリニック系の産科の医師の仕事にはどのような特徴がありますか?

クリニックをはじめ、近年では分娩を行わない比較的大きな総合病院なども増加傾向にあります。

 

中でも女性専門をうたうクリニックではそれぞれ特殊性を打ち出しており、
女性の人気を集めるサポート体制で差別化がなされています。

 

妊婦健診や超音波検査はもちろん、胎児ドッグや赤ちゃん検診をはじめ、母乳外来・母乳相談や近年増加傾向にある産後うつへやその防止のための産後ケアに力を入れるところもすくなくありません。

 

妊娠から出産、産後に至るまで体調や心の悩みを産科の医師や臨床心理士がサポートするもので、
産科医には周産期カウンセリングのノウハウも求められます。

 

求人により分娩の有無に違いがありますが、分娩を行わない場合どう対応していますか?

無痛分娩など多彩な分娩法を提供することで話題の産院や病院が目立つ一方で、
分娩は行わない病院やクリニックも増加傾向にあります。

 

一般的には周産期オープンシステムというのが導入され、妊婦健診は近くのクリニックで受け、
分娩は病院や周産期センターで行うことになります。

 

妊婦の通院の利便性と分娩の安全性を両立させ、それぞれの医療機関の特性を活かして役割分担をしていますので、そのいずれの立場として仕事をしたいかで、求人を検討されるのがいいかもしれません。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。