企業と医師の利害が一致した産業医の求人

男性/30代

産業医として勤務している私は、学生時代にアルバイトでビジネスを学んだこともあったため、その関係で産業医として活躍することになっています。契約している会社は4つあり、それぞれに100万円くらいの報酬が毎月あるので、年収もかなりの金額です。

 

しかし、会社単位で医療チェックを行い、社員の相談にものり、会社のサービスを提供するのに必要な医師のチェックもあわせて行っているので、その分報酬も大幅にアップしています。

 

産業医の仕事はかなり大変ですが、自分の医院がなくても始められるので、ビジネスに抵抗のない医師にとってはおすすめの選択肢でもありますね。中小企業の契約もとればさらに収入はアップしますが、5人程度の会社だと、毎月の収入は数万円なので、管理項目が増えて余計に大変になります。

 

事務処理能力が高ければもっと私も年収をアップできそうですが、新たに産業医に応募してみようと思っている方は自身の人脈や事務処理能力も視野に入れてチェックするとよいでしょう。また、理想としてはパートナーに事務を任せて、実務は医師である私が行うようにすると作業しやすくなります。この場合の事務は看護師の資格があればより任せやすいでしょう。

 

産業医が活躍すべき環境

雇用の問題とハラスメント

最近の日本では、企業の雇用問題が訴訟に発展するケースが増えています。
長時間労働はもちろん、社員間で起こるセクシャルハラスメントやパワーハラスメントなどが、その代表的なケースでしょう。

 

雇用問題から訴訟に発展するトラブルは、企業のイメージを著しく低下させ、顧客の信頼を失ってしまうケースも少なくありません。その為、企業の雇用問題は、リスクマネジメントに分類されているのです。

 

雇用問題を事前に防ぐ為には、社員が健康でストレス無く働ける、快適な職場環境が不可欠です。

 

そして、快適な職場環境を作る為に企業が求める人材が、産業医という医師なのです。企業が医師を雇うと聞くと、不思議に思われる人も多いでしょう。ですが、患者の診療を主とする臨床医と企業に雇われる産業医とでは、求められる役割に大きな違いがあるのです。臨床医とは、患者の疾患を治療し、健康を取り戻すの事を目的とした職業です。

 

産業医が担う社会的役目

一方、産業医とは、社員が健康被害を受けないように指導するのが、その役割とされているのです。その為、定期的な健康診断の必要性を企業に説き、病気の早期発見がいかに大切なのかを、社員に知らせる役目を担っています。多くの企業にとって、新人教育は費用のかかる悩ましい問題です。

 

雇用し教育を済ませた社員が、健康で長期間働き続けてくれる事が、企業のメリットに直結すると言えるのです。その為、医師の求人を求める企業が増えているのです。 企業に雇用されるという事は、医師にとっても魅力的なメリットと言えるでしょう。経済協力開発機構の調査では、人口1000人当たりの医師数が2.3人という調査結果が出ています。

 

これは、先進国で最低レベルという不名誉な結果として報道されました。

 

急激に進む医師不足に加え、医師免許を持っている人の一割程度が、リタイアしているというもの、大きな影響を与えているでしょう。医療現場で働く医師達は、少ない人数で多くの患者を診察しなければなりません。その為、ストレスで働けなくなったり、異業種への転職も少なくないのです。

 

特別な形態の産業医勤務

ですが、企業に雇用される産業医であれば、勤務形態が大きく変わります。対象となるのは、企業とその企業に勤務している社員です。その為、勤務時間は基本的に日中に限られ、当直や連続勤務といった過酷な環境は改善されるでしょう。

 

このように、企業と医師の両方にとって利害が一致しているのが産業医です。その為、企業の求人も多く、応募する医師の人数も増加傾向にあります。更に、1000人以上の社員が常駐している企業には、医師を常勤させる義務があります。

 

この為、医師が転職サイトで探す求人情報には、大手企業の依頼で掲載された情報が多いという特長があるのです。採用された医師は、社員と同じ福利厚生が保障され、サラリーマンにも似た働き方が出来るのも、大きなメリットとして人気を集めています。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。