産婦人科の経験をさらに積む目的で求人を紹介して頂きました(男性/30代)

男性/30代

卒業後医局の紹介を受け、産科医として地方都市の総合病院で7年ほど勤務してきました。産科を選んだのは、実家が産婦人科医院を開業しており、将来的に跡を継ぐことになっているからです。

 

父も産科医で、まだ現役ですが、そろそろ戻って来いと言っています。今働いている総合病院は、地域で唯一の産婦人科がある病院なので、とても忙しく多くの経験を積みました。

 

すでに7年の経験を積みましたから、もう実家の病院で働いてもいいのではと考えましたが、実家に戻ると研修の時間は取れないので、他院でさらに経験を積みたいと思い、医師転職支援サービスのエージェントに相談したのです。エージェントに出した希望は、大都市圏の周産期医療センターの募集を探してほしいというものです。

 

5年程度最前線で勉強させてもらい、その後実家に戻るというのも事前に伝えてもらいました。2週間ほどで首都圏の周産期医療センターから産婦人科医師の求人を紹介していただき、今は最前線の産科医療を実地で学んでいます

 

ワーキングマザーとして理解のある転職先を見つけました。(女性/30代)

女性/30代

結婚を機に主人の住んでいる地方へ引っ越しをすることになりました。今の職場はもちろん好きでしたし、医師、産婦人科医として生命の誕生の瞬間に立ち会えるということにやりがいを感じていました。

 

ですから、この仕事を続けたく転職をすることにしました。結婚するとなると、いつか子供も欲しいし、もちろん育児、家事と仕事の両立はしていきたいと思っていました。すると、オンコール、当直はなく、子育てに理解のある職場で、家から近いというのが理想の条件でした。

 

私の住んでいる所から引っ越し先は距離があり、こんな条件の転職先を探せるか正直不安でした。そんな中医師転職サイトに何気なく登録しました。すると、豊富な募集の中から自分の希望に近いものが見つかったのです。

 

さらに、問い合わせをすると、その病院の内部事情まで詳しく知ることができ、働いている自分の姿をイメージすることができました。その後はコンサルタントの方に相談して、より詳しい希望を伝えました。病院と年収や勤務体系などの交渉もしてもらい、まさに希望通りの職場を見つけることができたのです。この職場で産婦人科医として、さらにワーキングマザーとして頑張っていきたいと思います。

 

転職を重ねて余裕を持って安心して働ける職場へ(女性/30代)

女性/30代

現在、どの地域でも産婦人科医不足が生じていて、医師にかかる負担や責任も重くなりつつあります。私も当初は総合病院内の産科に勤務して分娩等を扱っていましたが、2名体制でオンコールに応じていて、かなり疲弊していました。

 

そんななか、自分が妊娠して続けるのは無理と退職し、日勤のみで分娩対応もない婦人科へ転職し、月経不順などのカウンセリングや治療をしてきました。もっとも、子供が4歳になってやや手がかからなくなると、やはり赤ちゃんの誕生の瞬間に携わりたい気持ちが沸々と甦ってきたのです。

 

産婦人科医不足を補うためにも、もう一度頑張ってみようと思い立ち、転職支援サイトに登録しました。コンサルタントとの相談時に2回目の転職であることと、これまでの経緯、現在の気持ちなどを話したところ、なるべく負担が集中しない職場を探してくれるとの頼もしい回答をいただけました。

 

医師の人数はやはり少ないものの、助産師がおり、帝王切開や高齢出産などのケースを除き、安心なケースは助産師が対応するという産婦人科医院の募集を紹介してもらえ、今では余裕を持った環境で分娩に携わっています

 

よくある質問

産婦人科の求人を探すにあたって、心得ておくべきことはありますか?

かつては産婦人科といえば、赤ちゃんを産むところのイメージがありましたが、
近年は医療機関ごとに違いや特色に差が出ています。

 

大きな病院でも分娩を取りやめるところが増えるほか、妊婦健診や産後ケアは行うものの分娩は他院に連携するクリニックや病院、がん検診や月経異常・避妊といった若い女性や働く世代の女性に特化したレディースクリニック、さらに近年悩む方が増えている不妊治療やブライダルチェックを専門的に行うクリニックや病院内の専門外来も登場しています。

 

そのため、産婦人科の求人を探す場合にはご自身の得意分野やどのような道に進みたいのかをよく考えたうえで、その医療機関で取り扱う内容や特徴をしっかり確認して転職をする必要があるでしょう。

 

産婦人科の医師として専門性を高めるうえで、求められる能力やスキルはありますか?

産婦人科といっても妊娠から分娩領域、月経異常や避妊から更年期障害に至るまでのホルモン領域、
子宮がん等の診断や治療や生殖医療などを含む不妊治療に至るまで多彩な分野があります。

 

オールマイティーにこなすのはもちろん、いずれかの分野でエキスパートになることがキャリアアップのためには大切といえるでしょう。それぞれの分野で専門知識や高度なスキルが必要なことはもちろんですが、産婦人科の医師に共通して求められるのは、カウンセリング能力や患者とのコミュニケーション力です。

 

特に女性は精神的な安心を求めるケースが多く、かつ、納得したいという思いがあるので、
丁寧な説明とともに、気持ちに寄り添うサポート力が求められます。

 

産婦人科の募集動向について知りたいのですが?

分娩や外科的な手術も担える産婦人科の医師であれば、全国の大学病院から総合病院、産院まで引く手あまたといえるでしょう。特にハイリスク分娩を扱う大病院や周産期センターなどでニーズが高く、妊婦の急患が広域から搬送されてくる都市部の病院では手術対応が可能な常勤の産婦人科医の募集が目立ちます。

 

一方、がん検診やホルモン治療など婦人科のみのクリニックとなると、少人数体制であるため求人数はあまり多くありません。ただし、マンモグラフィー読影認定資格などがあれば、検診センターなどで非常勤の募集が多く、子育て中の女医でも働きやすい求人が目立ちます。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。