いろいろなことがあるからこそ助けたい(男性/30代)

男性/30代

私が心療内科の医師となったのは、そもそも、いろいろな人を助けたいと思ったからです。ストレス社会に生きている人が多くなってきたからこそ、心の病を治せる医師がどんどん増えていかなくてはいけないと感じていました。

 

しかし、自身が希望するような良い職場に巡り合うことができず、なかなかその手腕を発揮することができません。そんな時に、医師転職支援サービスのサイトを複数、見つけることができました。

 

いろいろと見ていく中で、この募集が希望条件に合うというものがあり、支援のおかげもあって、無事採用していただきました。職場環境も良く、働き甲斐もあります。駅から近い心療内科ということもあり、患者は会社員の方が多く、やはりストレス社会に苦しんでいる人が多いのだと実感しました。

 

そんな患者さんたちの少しでも手助けができるようになったのは、私自身もとても嬉しく感じています。
これからも、心療内科医師として研鑽したいと思っています。

 

心療内科で摂食障害のケアに取り組みたい(女性/20代)

女性/20代

私は医師になったものの内科と精神科のいずれを専門とするか悩み、まずは一般的なノウハウを身に着けようと総合病院の内科に就職しました。もともと精神科と悩んでいたのは、高校時代に拒食症が原因で友人を亡くしているからです。

 

痩せたのを気にしても全く聞く耳を持たず、最後は多臓器不全で亡くなりました。先日、久々に実家に帰ったとき、ふと思い出して友人の家を訪ねてみました。

 

お線香をあげながら私が医師になった報告をすると、友人のお母さんから精神科に連れて行こうと思ったけれど、イメージが悪いなどと拒まれたと告白を受けたのです。なるほど、心の病気に悩んでいても精神科は行きづらいんだなと思い、その時から心療内科に興味を抱くようになりました。

 

まだ歴史が浅い分野のため、学生時代には選択肢に入らなかったのですが、心療内科なら通いやすいという話も雑誌で読み、考えが変わりました。転職サイトを通じて募集を探して応募し、今は摂食障害の患者さんも多いクリニックで、なるべく薬を使わない治療をモットーに、心と生活のケアに取り組んでいます。

 

ここで働きたいと強く思いました(女性/40代)

女性/40代

今までは企業の産業医として働いていました。たまたま家族が引越しすることになって、以前の勤務先に通いにくくなることがわかりました。

 

引越し先で心療内科の医師を募集している医療機関を探していると、たまたま目に留まった求人サイトで不妊治療専門の病院での募集を見つけました。病院へやってくる不妊症で悩んでいる患者さんの心のサポートをしてほしいという内容でした。

 

不妊症を抱えている人は悩みを誰にも打ち明けることができずに一人で苦しんでしまうケースが本当に多いです。彼女たちを救いたいと言う気持ちで、求人サイトを通じて、ここの病院に決めました。

 

決め手となったのが、医師同士の連結により、患者さんにとって一番良い治療を受けさせてあげることができる点です。医師に伝えにくいことがあっても、心療内科医でしたら気軽に治療に関する悩みを伝えることができ、それを元に授かりやすい体作りとストレスのない環境を整えてあげることができました。

 

よくある質問

心療内科医は内科医より、診療内容も平易で気軽でしょうか?

かつて精神科の医師が、体を診れないから実体のない心の病気を診療するなどと揶揄されたことがありますが、心療内科医というのはあくまでも内科の一分野です。心の不安やストレスを原因として体に症状が現れる疾患を扱いますから、内科医として体が診れないと話になりません。

 

たとえば、ストレスが原因で下痢や便秘を繰り返す過敏性腸症候群やストレス性の胃潰瘍、ストレスで髪が抜ける円形脱毛症、さらに成人の中にはストレスからアトピー性皮膚炎を発症するケースもあります。

 

内科医としての診察力や治療ができることに加えて、その原因が心にあることを突き止め、
一人一人にある心配やストレスを解明してケアしていくことが求められます。

 

つまり、内科医プラスアルファの専門知識やノウハウが求められるといっていいでしょう。

 

心療内科の医師になるのに精神保健指定医などの資格は必要ですか?

心療内科は心の不安やストレスからくる身体症状を内科医の見地から診療し、
精神科は心そのものの病気を薬物療法や認知行動療法、カウンセリング等によって治療する診療科です。

 

つまり、両者は治療内容も異なる別の診療科ではありますが、実際にはその境界はあいまいで、
特に患者の側からすると違いが分かりにくい側面があります。

 

実際にも心療内科を標榜している医師のほとんどが精神保健指定医の資格を有しており、そのほか、日本医師会認定産業医や日本精神神経学会専門医、日本臨床精神神経薬理学専門医などカウンセリングや薬物療法にも適切に応じられるための資格を保有しています。

 

将来的に独立開業を視野に入れるためにも、精神保健指定医や
各専門医資格が取得できる医療機関の求人などを探すのがいいのではないでしょうか。

 

心療内科の募集はどのようなところでなされていますか?

精神科と異なり、心療内科の標榜はまだ少ないのが現状です。一部の大学病院や総合病院に設置されているほかは、精神科と両方を標榜する個人経営のクリニックなどが多くなっています。

 

クリニックの場合、院長単独運営のところが多く、患者数の増加に伴い、非常勤医を募集するケースが少なくありません。常勤のプラスアルファとして検討するか、子育て等をしながら柔軟に働くにはおすすめです。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。