大学病院での勤務に疲れた医師の転職(男性/40代)

男性/40代

私は、長年大学病院の勤務医として働いてきたのですが、大学病院というのは勤務の時間が長いわりに、収入がとても少ないのが現状です。医局での出世争い、周囲の目を気にしながらの仕事にとても疲れていました。

 

循環器を専門としている私ですが、医師としてもっと患者と向き合ってゆったり診療したいという思いが常日頃からありました。そんな時に見つけたのが、医師の転職サイトでした。そこに載っている病院は、私が働きたいと思うような場所がとても多く掲載されています。

 

正直、こんなにも好条件で募集をかけているところが、こんなに多いのかと思いました。転職を考えるようになった私は、取りあえず登録してみることにしました。大学病院内で、転職などしていることなどなるべく知られたくなかったので、インターネット上で探せるのはとても有り難かったです。

 

登録後には、沢山の案件を紹介していただき、今は循環器の医師としてとても働きやすい環境で働かせてもらっています。転職して、大学病院でのしがらみから解放されたことに、今はとても満足しています。

 

育児をしながら働き続けるために(女性/40代)

女性/40代

私は、医療職で働く人が多い家庭に生まれ、自然に医師を目指すようになりました。父は心臓外科医です。そのため、当初は心臓外科を志望していました。

 

しかし一転、循環器内科を専門と決めたのは、心臓カテーテル手術に将来性を感じたからです。外科よりも、患者さんの負担が少ないカテーテル治療の腕を磨いて、父と肩を並べるような医師になることを目指しています。

 

そんな私も40代に入って、結婚、出産を経験し、仕事と家庭の両立について考えるようになりました。緊急の手術が多い循環器内科の第一線で働くのは、育児中の女性にとって厳しい環境です。そのため、院内24時間保育園、職住接近など、思いつく限りのことをして、仕事と家庭を両立していこうと転職を決めました。

 

転職に当たっては、エージェントに思いつく限りの条件を挙げて、相談しました。その結果、立地、保育園、症例が多い病院と3拍子揃った病院の募集を紹介していただき、転職が叶いました。新天地の病院は、同じように子どもを育てながら働くスタッフも多く、のびのびと働けます。これからも研鑽を重ね、多くの患者さんを救いたいです。

 

大学病院からクリニックへ(男性/40代)

男性/40代

私は卒業した大学の附属病院で、循環器内科医として長年勤務してきました。もっとも、ピラミッド社会で準教授になる教授になる、部長になるといった競争があったり、派閥があったりで、自分の性格では少しストレスがたまることが多かったのです。

 

同期が続々と昇進したり、昇進できずに転職していくなか、私としてはストレスの少ない職場で、診療に集中したいと思うようになりました。そこで、転職支援サイトに登録して、そのことをコンサルタントに相談したところ、ビジネス街にある生活習慣病専門のクリニックの医師募集を紹介してもらうことができたのです。

 

今の時代、ビジネスマンの多くが高血圧や血糖値の高さに悩み、動脈硬化等のリスクや生活習慣病を抱えています。それを専門に診るクリニックで定期検査や生活指導や投薬治療、カウンセリングなども行っていて、ビジネスマンが通いやすい駅近、夜も21時まで診療というクリニックでした。

 

ここなら、自分のこれまでのキャリアを存分に生かして、診療に集中できると思い、すぐに転職を決断した次第です

 

よくある質問

循環器内科医へのニーズはどのような傾向になっていますか?

食生活が脂肪過多やカロリー過多な食事へと偏りがみられ、オーバーワークや運動不足、睡眠不足といった生活習慣の乱れが重なり、高血圧や高脂血症、糖尿病といった生活習慣病罹患者が増加傾向にあります。

 

中高年世代だけでなく、健康診断等で異常を指摘される割合や
メタボもしくはその予備軍の割合は若い世代にも増えつつあります。

 

若年化や生活習慣病の増加に伴い、狭心症や心筋梗塞、心不全といった心臓や血管系の疾病も増大しています。

 

そのため、循環器内科の医師へのニーズも高まることはあっても、低下する傾向は見られません。今後、日本は超高齢化社会を迎えて益々そのニーズが増えるとともに、心臓や血管の病気の治療はもちろん、予防ケアへのニーズも高まります。

 

患者やご家族に対して納得のいく説明と、EBMに基づいた治療ができる専門医師が益々求められます。

 

循環器内科の医師の募集傾向はどうなっていますか?

少し前までは急性期病院における心臓カテーテル専門医の求人が増加傾向にありました。

 

ですが、今後益々深刻化する高齢化社会の到来に伴い、心臓カテーテルはもちろん、
総合的に心臓や血管の症状を診られ、内科にも精通した循環器内科医が求められるようになっています。

 

また、安全性評価や臨床開発ができる医師の求人が製薬会社から出るケースも目立ってきました。

 

循環器内科の求人動向について知りたいのですが?

厚生労働省の発表によれば、内科系の医師の中で最も割合が高いのが、約3割を占める循環器内科医です。

 

もっとも、供給が過剰になっているわけではなく、各方面からの需要も高く、医師募集は常に安定しています。

 

医師の割合が多いだけでなく、求人募集も多いのが特徴で、全国の大学病院や
総合病院、専門病院や診療所、検診センターや人間ドック施設など多彩な求人があります。

 

中でも東京都や大阪府、埼玉県などの都心部の求人が多く見られます。

 

また、雇用形態も正規雇用、短時間正規雇用、非常勤やアルバイトなど多彩な選択肢があります。
常勤医の平均年収は1440万円台で、給与面でも他の科目に比べて高額クラスに位置します。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。