妻子に負担を掛けずに小児科医師に転職できました(男性/30代)

男性/30代

私はこれまで内科医として勤めてきたのですが、自身が結婚して子どもを持ったのをきっかけに、子どもの医療に携わりたいという思いを強く抱くようになりました。

 

それで、自分なりに小児科の医師求人情報を調べてみるようになったのですが、なかなか応募したいと思える募集を見つけられずにいたのです。医師の転職支援サイトのことを知ったのは、そんな折のことでした。

 

そのサイトに登録をすれば、非公開求人情報も閲覧できるということだったので、魅力的な求人が見つかるかもしれないと思ってさっそく登録をしてみました。登録後にコンサルティングを受けてから紹介していただいた小児科求人は、自力で求人を探していたときに見かけた求人とは段違いに働きやすそうな勤務体系・勤務エリアの求人ばかりでした。

 

ただ、妻子を養っていくことを考えると、収入の面で少し不安だったので、その点が何とかならないかと相談をしてみたのです。すると、私に代わって転職支援サイトのスタッフが条件交渉を行ってくれました。おかげで、無事に納得の行く年収での転職ができたので良かったと思います。

 

小児科医として貢献し続けたいから(女性/40代)

女性/40代

私は今、医師不足が問題視されている小児科医です。これまで大学病院に付属している周産期センターで、産科医や救急医などと連携してハイリスク妊婦から分娩された新生児のケアや未熟児の救命等にあたってきました。

 

とてもやりがいがある仕事で、医師として充実した生活を送っていたのですが、体が悲鳴をあげてしまい、体調を崩してしまったのです。人手が足りない状況で辞めるのは非常に決断が要りましたが、自分がベストな状態でないと満足な医療は提供できないと思い、患者さんのためにも辞職を決意しました。

 

半年ほど休んで体力も回復すると、医師が不足している現場をサポートしたく、再び小児科医として復帰する意欲に燃えました。そこで、まずは体力的に負担が少ない募集から探そうと思い、転職支援サイトをみて、登録してみました。

 

そこで紹介していただいたのは、通勤にも車で10分ほどと便利で外来のみの小児クリニックのお仕事でした。半年のブランクはあっても、周産期センターでの経験を高く買っていただけ、すぐに採用が決まりました。

 

初めての転職活動でしたが安心でした(女性/30代)

女性/30代

大学院を卒業してから、教授の紹介で総合病院にて小児科の医師として働いていました。1人暮らしをしていましたが、実家から帰ってきてほしいと言われて、初めての転職をすることとなったのです。

 

教授の紹介ということで、総合病院への就職はとんとん拍子で決まりました。その為、きちんと就職活動をしたことがないといっても過言ではない状況だったのです。そんな私でしたが、転職サイトのコンサルタントははげましてくれました。実家の近くにて小児科の医師が募集されているのか、いくつか情報も集めて来て下さったのです。

 

加えて履歴書の作成の方法ですとか、面接の受け方についてもアドバイスを貰いました
緊張するかもしれないが、頑張って下さいねと言葉をかけてくれましたので、自身を発揮することができました。

 

地元の医院に転職が決まりましたが、小さい病院ということで
患者さんやその親御さんとも話しやすく、のびのびと働けるようにもなったのです。

 

よくある質問

小児科医は不足しているようですが、仕事はハードですか?

少し前に比べれば小児科医不足は解消されてきたものの、少子化対策や子育て環境の充実のためにも、小児科医の充足はまだまだ課題となっています。特に求人が多いのが救急対応がある国公立や民間の総合病院となっており、宿直をはじめオンコールにも対応しなければなりません。

 

現状、小児科医が1名から2名体制で外来と入院を対応している病院もあり、確かにハードワークである病院も少なくありません。また、ハイリスク分娩を行う周産期医療に取り組む病院からのニーズも高く、その場合は体力的にはもちろん、精神的にもプレッシャーがかかります。

 

もっとも、女性医師の募集を強化して小児科医不足を補おうとする傾向も高くなっており、
女性医師のワークシェアを進めることで無理なく働けるところも増えつつあります。

 

小児科の専門資格を活かして働くにはどうやって求人を探せばいいでしょうか?

小児科専門医をお持ちなら、小児専門の病院をはじめ、小児科医が不足している状況では、小児科があるあらゆる医療機関で引く手あまたなのが実情です。もっとも、せっかく専門医を取得したからには専門分野や得意分野を活かして働きたいというニーズをお持ちなのではないでしょうか。

 

専門医取得をした医師に人気なのがアトピーなどの小児アレルギーに取り組みたいというもので、その場合には小児アレルギー外来がある医療機関を探すのがベストです。医師専門の求人サイトに登録したうえで、自分で検索して探すより、コンサルタントやキャリアアドバイザーに相談して、探してもらうとスムーズです。

 

小児科医のワークスタイルや収入の傾向が知りたいのですが?

統計によれば小児科医の約2割近くが非常勤であり、また短時間正規雇用者の割合も全体の2%程度います。

 

これは小児科医には女性医師の割合も高く、子育てと両立しながら働く医師も多いという傾向がみられるためです。医師不足でハードワークと言われる反面、家庭と両立しながら働きやすい求人募集が増えているということもできます。

 

常勤医師の場合の平均給与は1100万円台~1400万円台とが主流となっていますが、
北海道や東北地方など小児科医不足が顕著な地域で特に高い傾向があります。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。