小児科医師として働くために転職サイトを利用した時の事(男性/30代)

男性/30代

私は、臨床研修医の段階から子供に対する医療はとても面白いものだと感じていました。特に、小児科よりも救急で対応できる小児外科に憧れていました。しかし、私が就職した病院には小児外科はなく、外科しかありませんでした。

 

ですが、小児外科の専門医師として働く事が自分のやりたかったことですので矛盾を抱える毎日でした。そんな時、インターネットで医師の求人サイトを見つけることができました。募集している病院はあるようです。

 

そこでサイトに登録をし、担当の方と話し合い、何件かの病院を紹介していただくことができました。
実際に紹介された病院へ行ってみると、そこには私がやりたかった医療現場がありました。

 

設備も充実しており、患者の受け入れ態勢も問題ないと思い、紹介された病院への転職を決めることにしました。転職して、色々な症例があり、色々な経験をさせてもらっています。子供の笑顔を見ることができた時は、充実感でいっぱいになります。

 

子どものための専門病院へ転職(男性/30代)

男性/30代

私は地方の中規模な総合病院で、小児科所属の小児外科医として勤務していました。もっとも、仕事は当直やオンコールの救急外来での仕事が多く、遊戯中や学校でのスポーツ中のケガ、交通事故等による手術や盲腸といった比較的軽い内科的手術がほとんどで、先天的な奇形や心臓疾患等の難しい案件については小児科医から大学病院等へ紹介するのが基本でした。

 

難病や難しい症例に対して手術ができるだけの医療設備とスタッフの体制が整っていないのが理由ですが、自分としてはもどかしく、そういった症例の経験も積みたいと感じていました。そこでより高度な専門治療に携われる医療機関への転職を目指して、転職支援サイトに登録してみたのです。

 

その結果、日本でも数が限定されている子ども専門病院の医師募集を紹介してもらえたのです。今住んでいる場所からはかなり離れているので、引っ越しの必要もありますが、スキルアップのための環境としては最高です。遠方にもかかわらずコンサルタントが同行して、職場見学から面接などのお膳立てをしてくれたので、非常にスムーズに転職活動ができ感謝しています。

 

小児救急のエキスパートを目指して(男性/30代)

男性/30代

現在、大学病院で外来と手術を担当しているのですが、勤務先の大学病院の小児外科の特徴としては紹介等でやってくる患者さんが少なくありません。より緊急を要するその場での判断力が要求される現場で、自分のスキルを磨きたいと思うようになり、救命救急にかかわれる医師の募集を探すことにしました。

 

小児科医の不足が問題になっていますが、小児外科医としての求人を見つけるのはなかなか難しいものです。救急センターに搬送される小児で外科的治療が必要となるのは、割合的には少ないでしょうから、救命救急に携わりたいとなると、余計に限定されてしまいます。

 

そこで、プロの力を借りようと転職支援会社に相談しました。するとビックリするほどスピーディーに、私の希望にピッタリの求人を紹介していただけたのです。子ども救急救命センターがある病院で、地域の広域から小児が搬送されてくるとのことです。24時間365日体制でスタンバイしているわけですから、小児外科医をすぐにでも増員したいとのことで、スムーズに転職が決まったのです。

 

よくある質問

小児外科医として求められるのはどのようなことですか?

小児外科の対象は主に産まれたばかりの赤ちゃんから中学生まで子供で、
手術をしなければ治らない重篤な疾患を治療する専門の外科になります。

 

赤ちゃんが生まれてすぐに手術が必要と診断されるケースも少なくなく、
ご家族のショックや精神的な負担も重くなります。

 

小児外科医には体力もなく、小さな体を手術するだけの専門知識とテクニックが求められるのはもちろん、不安を抱える小さなお子さんからそのご家族のメンタルサポートをする能力も求められます。

 

診断・治療には小児外科医としての豊富な経験が不可欠であり、そのため、小児外科医として活躍するには小児外科学会認専門医や指導医の資格が求められます。また、小児科や産科をはじめ麻酔科その他の専門の診療科の医師との連携も重要で、互いに連携しながら最適な治療にあたる必要があります。

 

小児外科医は成人を中心とする外科医に比べると、大変でしょうか?

小児外科が対象とする赤ちゃんから中学生の年齢の子供たちは、体が小さく、体力も少ないので手術にあたっては慎重な配慮が求められます。先天的な疾患も多く非常に高度な手術が多いことから、専門知識の習得はもちろん、成人の手術以上に高いテクニックとノウハウが求められます。

 

近年は産科医による胎児超音波によって横隔膜ヘルニアや食道閉鎖症、十二指腸・小腸閉鎖症、卵巣嚢腫・仙尾部奇形腫などの病気が、胎児期に判明するようになり、生まれたばかりの赤ちゃんに手術をするケースも少なくありません。

 

そのため、母親の胎内にいる段階から胎児の発育状態を注意深く観察し、適切なタイミングで分娩し、すぐに手術を行うケースがあります。これによって母体はもちろん、赤ちゃんにとってもリスクの少ない手術が実施できるからです。

 

胎児の段階からの管理がうまく行けば、横隔膜ヘルニアや小腸閉鎖症などなら内視鏡手術が可能となることもあります。小児外科の医師としては、内視鏡治療などのテクニックも磨いておくのがベストです。

 

小児外科の募集にはどのような種類がありますか?

小児科はあっても、小児外科を標榜する医療機関はあまり多くありません。主な募集として大学病院や総合病院の小児外科や新生児外科、周産期母子医療センターや救命救急センターにおける求人があります。

 

また、医療機関数は少ないですが、こども救急センターや小児専門病院では
専門とするだけあって、積極的に医師の求人を行っています。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。