夫のIターンに伴い女性ばかりの職場に転職(女性/30代)

女性/30代

私はこれまで総合病院にある婦人科で勤務してきましたが、
会社員である夫がIターン転職をすることになり引越す必要が出てきました。

 

せっかくキャリアを積んできたのに離職せざるを得なかったわけですが、医師の資格があれば全国どこでも働けるという思いを胸に自分を納得させました。ですが、全く知らない地で医療機関や地元の婦人科ニーズの情報もないのにどうやって探そうと思っていたとき、ネットの医師求人専門サイトを見つけたのです。

 

おかげで引越す前から募集の情報に接することができ、引越し後にすぐに面接に行けました。応募したのはレディースクリニックで、患者さんも全て女性なら職場のスタッフも女性ばかりというところです。

 

総合病院には男性医師や男性事務員などもいましたので、女性ばかりの空間は初めは不思議な感じでしたが、すぐに慣れました。更年期障害を訴える中高年世代や、生理痛や避妊で悩む若い女性、不妊の相談に訪れる女性などが多く、毎日充実しています。

 

婦人科の求人募集を探したいのなら(女性/30代)

女性/30代

今務めている病院は、お産も取り扱っている産婦人科です。そのため、月に何回かは夜勤があります。最近その夜勤が負担になったため、違う病院へと転職をしたいと考えるようになりました。

 

診療科目は今度は、婦人科だけの所を希望しています。自分で調べてもなかなか良い条件が見つからなかったので、医師向けの転職サイトを利用してみました。そうしますと、希望に近い、求人募集を見つける事ができます。

 

今も、病院で働いているため、なかなか転職活動が進まなかったのですが、転職サイトを使ってみるとある程度絞り込みをする事ができます。気になる求人があれば、問い合わせをする事もできます。

 

希望している夜勤がない事や、婦人科のみで年俸も自分の満足いく金額だったのでこちらを応募しました。面接を受け、病院の雰囲気や経営方針もとても気に入りました。面接に合格し、新たな病院で働き始めます。夜勤がないというだけで、体がとても楽になったと思います。

 

 

夜間シフトのない婦人科へ転職(女性/40代)

女性/40代

私はレディースクリニックで婦人科医として勤務していましたが、働く女性でも通うやすいよう夜20時まで診療を行っていました。遅番シフトもこなさなければならなかったのですが、子供が小学校に入学するにあたり、困ったことになりました。

 

保育園までは延長保育を利用して預かってもらうことができましたが、小学生では夜に預けられるところが近くにありません。そこで、夕食までには帰れるような職場に転職したいと思い医師の募集を専門に扱っている転職支援サイトをまず登録しました。

 

条件はすぐに帰れるように、駅近であること、夜のシフトがないこと、私が興味を持ち、経験を積んできた分野でもある不妊治療にも力を入れていることを希望しました。するとほどなく求人を紹介されたのですが、年齢がほぼ同じ女医が経営するレディースクリニックだったのです。

 

年代が同じということで相性が気になったのですが、面談時に経営理念や診療方針を聞き、
ぜひこの院長をサポートしたいと思えたので、すぐに転職を決めることができました。

 

よくある質問

レディースクリニックでの婦人科医の求人動向や特徴を知りたいのですが?

近年、街中にも女性専門のレディースクリニックの看板が目立つようになっています。もっとも、その多くが院長1人または数名の小規模で運営され、院長以外は非常勤医師というケースも少なくありません。

 

そのため、分娩や外科的処置、不妊治療などを扱っていない婦人科単独でのレディースクリニックでは求人自体が少なく、出されても1名程度の募集か非常勤になるため、すぐに応募者で埋まってしまうのが現状です。

 

婦人科での常勤勤務を目指すなら、不妊治療や更年期障害なども診療する専門外来があるクリニックを探すか、分娩も取り扱う産科もセットの病院を探すことも視野に入れましょう。

 

婦人科の医師として高度なスキルと専門性を高めるには、どうすればいいですか?

近年、婦人科領域で注目されているのは子宮頸がんや子宮体がん、卵巣がんなど罹患者が増えているがん治療と、晩婚化や高齢出産、生活習慣の変化等によって増えている不妊治療や、若い女性を中心とした月経困難症や中高年女性における更年期障害などのホルモン領域の治療です。

 

がんの分野では婦人科の医師は細胞診から超音波、MRI診断から外科的手術、
放射線や化学療法まで、他の専門医と連携しながら治療にあたります。

 

不妊・不育分野では腹腔鏡検査や人工授精、体外受精・顕微授精などの最先端の生殖補助医療や習慣流産などの不育症の検査治療、卵管の形成や吻合、癒着の剥離、子宮形成術といったスキルも求められます。こうした生殖医療分野は主に大学病院で担われており、先進医療分野で専門性を高めたいなら大学病院等の求人に応募するのがベストです。

 

婦人科医の募集動向や特徴について知りたいのですが?

産科を含めない婦人科単独では、常勤医の募集はあまり多くありません。

 

ただし、検診センターや健診施設でのスポット的な非常勤求人の数は多く、
子育て中の女医や職場復帰を目指す女医の人気の的となっています。

 

そのためにマンモグラフィー読影認定資格などを取得しておくと、応募の幅も広げられます。

 

一方、近年は内科に併設して婦人専門外来などを新設するケースも増えており、
その場合には婦人科の専門医が求められ、報酬も高めが期待できます。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。