女医も女性としてもあきらめたくないから(女性/40代)

女性/40代

私は消化器外科医として15年ほどのキャリアを持ち、胃がんなどの手術もこなしてきました。そんな私にも転機が訪れ、なんと40歳を過ぎて結婚、高齢出産を経験することになったのです。

 

勤務していた病院は消化器外科医の数も少なく、産休や育休を取るとすれば代替の医師の確保が不可欠です。産休後すぐの復帰も考えましたが、高齢での子育てに不安もあり、いったん退職を決意しました。

 

子供が生まれて1年半経ち、やはり女医としてのキャリアをあきらめたくないと復職を決意しました。もっとも、子育てしながら外科医として働くのは体力的にキツイと思い、転職支援サイトのコンサルタントに相談したところ、思いもかけず、転科しての復職というご提案をいただいたのです。

 

結果として私は、入院病棟がない消化器科があるクリニックへと再就職が決まりました。消化器内科がメインですが、これまでの知識や経験も大いに生かせますし、9時から17時の勤務なので子育てや家庭との両立も図れています

 

女性の願いを叶えたくて転科(女性/30代)

女性/30代

私は内科医として総合病院に勤務しており、内科専門医の資格も取得しています。そんななか、女医の先輩の1人が美容皮膚科に転科したという話を聞きました。子育てしながら働きやすい環境と、元々美容に興味を持っていたからだといいます。

 

先輩の職場にお邪魔し、前々から気になっていたシミについて相談したところ、レーザーを使ったらあっという間に薄くなって驚きました。美容のためのレーザー治療など、内科医としては興味もなかったので、ここまで進化しているのかと興味津々になったのです。

 

そこには多くの女性患者が訪れ、深刻に悩みを打ち明ける方、希望が叶って笑顔で帰られる方の姿をいくつも見ました。総合病院で毎日大量に患者をさばくだけの5分診療と違い、患者とじっくり向き合え、一人一人の悩みを解決できることに感激し、私も転科を決意しました。

 

転科にあたっては、先輩が利用したという転職支援サイトを通じて行いました。私の場合もスムーズに紹介がいただけ、最新の医療設備が整ったホテルのようなキレイなクリニックで新しい一歩を踏み出せました。

 

形成外科から美容皮膚科へスムーズ転職(女性/30代)

女性/30代

私は総合病院内の形成外科で、事故による顔面損傷の手術や先天的な顔面変形などの治療に携わってきました。

 

もっとも、そろそろ結婚という時期になり、将来の妊娠や出産、子育てのことを考えると、当直がこなせるかや、長時間の手術などに耐えられるのかが不安になってきたのです。そこで、日勤のみの職場に転職を考えましたが、形成外科のクリニックはそう多くありません。

 

美容外科への転科も考えましたが、特殊な技術と美的センスが求められるため、患者さんの希望にどこまで応えられるか不安もあります。そこで、女医へのニーズも高い美病皮膚科に転科を考えたのです

 

転職先を探すために転職支援サイトに登録して、キャリアアドバイザーの方とお話もしましたが、方向性としては間違っていないと背中を押してもらえました。美容皮膚科に転科したいと希望される方はけっこういるらしいですが、皮膚科といっても小切開手術やレーザー治療などを幅広く行うため、形成外科のテクニックがあると転向もスムーズで、求人も探しやすいと仰っていただけたのです。確かに転職まで時間がかからず、スムーズでした。

 

よくある質問

女医が転科する理由にはどのようなものがあるでしょうか?

女医が転科を考えるケースとしては、女性特有の事情や家庭の事情が少なくありません。

 

たとえば、結婚、妊娠や出産、介護、夫の転勤といった理由が1つのキッカケになってきます。また、直接はまだそういった事情が発生していなくても、将来の結婚や子育てを考えて早めに転科を決意する方も少なくありません。

 

結婚して家庭との両立や子育ての両立が必要になったり、自分の親や義理の親、
夫や家族の介護が必要になると、当直が難しくなったり、時間の制約が出てきます。

 

そうした場合に当直が少ない診療科への転科を考えるケースが多くなっています。

 

また、結婚する夫が転勤族である場合、どの地に赴任しても新しい職場が見つけやすいよう、地域によって偏りなく需要がある診療科に転科して、医師のキャリアを継続したいと考える女医も少なくありません。

 

女医が転科する診療科目は、どのような科目が多いですか?

たとえば、結婚や出産に伴い家庭や子育てとの両立を考えて当直がない仕事に就きたいケースや、介護等で時間を短縮して勤務したいという場合、日勤のみで働ける診療科目や、非常勤やアルバイト、スポット勤務がしやすい科目への転科を目指すケースが少なくありません。

 

日勤のみで働ける科目としては皮膚科や美容皮膚科、婦人科や整形外科などのクリニック勤務が挙げられます。

 

また、近年は乳がん検診などが盛んになっているため、乳腺外科に転科し、マンモグラフィーなどの技術認定資格を得て、検診センターや人間ドック施設の日勤や非常勤を中心に働かれる方も増えています。

 

キャリアアップも兼ねたい方の場合、近年ニーズが増えている糖尿病専門医を目指したり、腎臓内科専門医などを目指され、日勤のみの糖尿病外来や、当直がない透析専門クリニックで働かれるケースもあります。

 

女医の転科歓迎の求人は結構あるのでしょうか?

以前は美容皮膚科や精神科などで転科歓迎の求人も多くありましたが、近年は充足傾向にあります。

 

一方、糖尿病専門医や腎臓内科専門医は女医が不足していて、
患者も増大していることから、キャリアアップを目指した転科歓迎の求人が見られます。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。