需要が多いからこそ選択した(男性/30代)

男性/30代

小さい頃から医者になりたいと思っていた私は、見事にその夢を叶えることができました。家系が代々、医療関係者ということもあり、自然と選択することになったような気がします。

 

何となく、内科医として勤務することが手っ取り早いように思っていました。ところが、仕事に慣れてきてからは、もっと上を目指したいと思うようになったのです。例えば、外科への転科を望むようになってきました。

 

外科医の需要は多いものの、なりてがあまりないと言われています。だからこそ、選択した方がいいように思えてきたのです。転科したいと言っても、そう簡単にはいきません。希望どおりの勤務先を見つけられるのか、自信はありませんでした。

 

しかし、医師向けの転職支援サービスのエージェントの方と相談したことによって、自分でも驚くほどにスムーズに勤務先が決まったのです。やはり、外科の需要は多く、喜んで採用してもらえました。こんなふうに、転科を希望する人は、医師向けの転職支援サービスを利用してみるといいと思います。

 

皮膚科から整形外科へ(男性/30代)

男性/30代

私は皮膚科医として診療にあたってきましたが、小切開手術やレーザー治療も得意としていました。初期研修時代に形成外科を選択して、わずかな期間ながら取り組んだこともあり、自分なりに手術のテクニックにも長けているなと思ったものです。

 

そんななか、近年の外科医不足の現状や、もっと大きな手術に取り組みたいという自分の意欲の高まりを感じ、整形外科への転身を考えるようになりました。もっとも、自分で少し求人を探しても転科歓迎という採用案内はなかなか見つからず、転科は難しいかなと思いあきらめかけていました。

 

ですが、転職支援サイトを利用したところ、とんとん拍子に話が進み驚きました。スムーズに進んだ1つとして、キャリアアドバイザーの方が面接対策を行ってくれ、自分が先方にアピールすべき点などをしっかりレクチャーしてくれたことがあります。

 

もう1つは、面接にコンサルタントの方が同席してくれて、私の人柄や手術が得意な点などの強みをアピールするフォローしてくれたのです。おかげで今は希望の職場で新たな一歩を踏み出せました。

 

整形外科からリハビリテーション科へ(女性/40代)

女性/40代

私は整形外科医として女性アスリートのスポーツ障害治療や、外科手術に携わってきました。この分野では比較的女医が少ないので病院や患者さんからは厚い信頼を寄せられていたのですが、40代も半ばに入り手術の際に体力的な衰えを感じるようになったのです。

 

これでは適切な治療ができないと思い、転科を考えるようになりました。といっても、消極的な理由ではなく、整形外科医としてのキャリアが活かせるリハビリに興味を抱いての転科です。

 

リハビリテーション科なら今までの信頼も無駄にせず、女性アスリートをはじめ、身体能力の低下やケガ等の障害や病気の後遺症で悩む方をサポートできると思ったのです。もっとも、リハビリテーション科を標榜する医療機関はまだ少なく、思うように転職先を見つけることができません。

 

そんな時、医師仲間から教わった転職支援サイトを利用したところ、すぐに求人を紹介していただき早く利用すればよかったと思ったものです。先方にはこれまでのキャリアが歓迎され、新たな一歩が踏み出せました。

 

よくある質問

外科医で転科を考える年齢層に、何か特徴はありますか?

一般的に転科は若い医師に多く見られますが、外科医からの転科の場合、
ある程度経験を積んだ40代後半から50代でも見られます。

 

若手医師の場合、新医師臨床研修制度が導入されて以降の世代は特に様々な診療科をローテーションで経験しており、他の科目を多少なりとも知っているほか、大学病院内での師弟関係も崩れつつあり、ローテーションスタイルの経験から転科への抵抗感も少なく転科に踏み切るケースが多くなっています。

 

また、美容外科など一部の特殊な診療科への転科は経験やスキルの習得が必要なことから、若いうちのほうが望ましく、他の科においても専門医取得などを考えた場合、若いうちのほうが多彩な経験を積むのに望ましいからです。

 

一方、高度な手術や長時間の手術が要求される脳神経外科医や心臓血管外科医などの中には体力面への不安から、
40代過ぎてから転科を考えるケースもあります。

 

外科医の転科では、どのような理由があるのでしょうか?

まずは単純に他の診療科に興味を持ったり、魅力を感じるケースです。

 

脳神経外科医が手術後も後遺症と闘う患者を見て、リハビリテーション科で
自分の専門知識や経験を活かしながら患者をサポートしたいと考えるようなケースが挙げられます。

 

一方、経験を積んだ外科医の中には体力面への不安や、
手術の不成功等による訴訟リスクを理由に転科を検討するケースもあります。

 

外科医からの転科で人気の診療科はありますか?

脳神経外科医の場合、自分の経験やスキル、専門知識が活かせるリハビリテーション科や精神科、脳ドックなどがある人間ドック施設が人気です。体力的な負担が軽減できるうえ、ワークライフバランスも図りやすくなるためです。

 

また、リハビリテーション科は整形外科医からの転科も多い診療科です。

 

外科医にとって関連が深い麻酔科も、転科先として人気があります。治療の幅を広げたり、これまでの専門知識を活かしたいと考える心臓血管外科医や脳神経外科医、整形外科医などから人気があります。

 

若い世代の転科では手術室や救急医療で麻酔科医として働き、体力的な不安が出てくる40代以降ではペインクリニックや緩和ケア外来など活躍の場が豊富なのも麻酔科医への転科が人気の理由です。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。