地域のお年寄りに貢献したい(男性/50代)

男性/50代

テレビ番組で高齢の医師が在宅での看取りケアのため心血を注いでいるのを見て感銘を受け、自分も医師として患者や家族に望まれるケアをしたいと志すようになりました。

 

長く務めた病院を退職するのは勇気も入りましたが、だからこそ経験を活かして地域のお年寄りのために貢献したいと思い、自宅から近いエリアで在宅診療を行っている求人を探すことにしたのです。

 

地域にある医療機関についてはよく存じていたものの、在宅診療を行っているクリニックや事業所については情報をあまり持っていたなかったので、ネットで検索してみました。すると、医師募集の専門サイトを見つけ、これは助かると利用したものです。

 

おかげで、自分が希望する条件にピタリと合った求人と出会うことができました。今では脳卒中の後遺症で寝たきりの方や、余命宣告を受けたがん患者さんなどを中心に担当させてもらっています。ご本人の意思を尊重し、家族の気持ちに寄り添う診療を届けるのが今の目標です。

 

在宅ケアで充実の環境を届けたい(男性/40代)

男性/40代

私の祖父は開業医で、地域のお年寄りを訪問したり、急患があればすぐに往診に駆けつけていました。地元で誰からも信頼される祖父の背中を見て育ち、医師になりたいと志したものです。

 

もっとも、医院は祖父の代で閉めてしまったため、私は地元の総合病院に就職しました。15年ほどのキャリアを積み、経験やノウハウも蓄積したところで、そろそろ在宅ケアに専念する力もついたのではと思い、転職を決意しました。

 

祖父の時代とは違い、往診する個人医院は減っているものの、今の時代は在宅診療専門の事業所が登場しています。転職サイトを通じて探してみると、予想以上に募集があって驚きました。これほど地域でも高齢化やがんなどで闘病されている方のニーズが多いのだなと、改めて実感したほどです。

 

幾つか面接をし、一番コンセプトや体制に共感をしたところに転職を決めました。毎日数件の担当があり、寝たきりの高齢者やがんの末期にある方などを中心に訪問しています。祖父の姿に恥じないよう、親身に取り組んでいきたいと思います。

 

母の介護と両立させながらの在宅診療(女性/40代)

女性/40代

母が脳梗塞で倒れ、後遺症のため介護が必要な状態となりました。医師でもある私が率先して介護にあたることを決意し、長く勤めていた病院を辞めました。

 

そのときは母のことで頭がいっぱいで、自分のことは考えもしなかったのですが、20年以上の勤務医生活と、家庭で過ごす時間はあまりにもギャップがありました。少しでもいいから外の社会と接したいと思うようになり、医師募集サイトに登録してみたところ、私の登録した条件に見合う仕事があるとスカウトメールをいただきました。

 

それが在宅診療の仕事だったのです。週2回からの勤務でよく、看護師が付き、専属のドライバーもいるとのことです。オンコールも一時対応は看護師で、週に1度あるかないかとのことで、応募することにしました。

 

働き始めて思ったのは、医師としての感覚や仕事の実感が取り戻せることで、介護にもより身が入るようになったことです。仕事の間は訪問介護を利用していますが、自分と介護とのバランスを図るうえでベストな仕事だと感じています。

 

よくある質問

在宅診療の医師は日勤のみで働けるのでしょうか?

在宅診療の場合、午前、午後のいずれかを選べるスタイルや、午前中から午後まで通しで担当患者を回るケースが一般的ですが、24時間体制で急患対応を行っているところも少なくありません。

 

そのため、当直はないものの、オンコールを求められる可能性はあります。

 

ただし、その場合も、急変時の一次対応は看護師で、二次対応として医師というケースが多くなっています。
そのため、受け持つ患者の状態にもよりますが、実際に夜間対応が必要になる回数は極めて少ないといえるでしょう。

 

また、オンコールを勤務条件とする場合には歩合制を採り入れるなど、待遇面での配慮もなされています。

 

一方、24時間体制の場合でも、夜間に関しては非常勤医師やアルバイト医師に担当させ、
常勤医師については日勤のみというところもあります。

 

そのため、勤務条件についてはご自身の希望に合うかしっかり確認し、
求人ごとの勤務条件を比較検討する必要があるでしょう。

 

在宅診療の医師に求められるスキルはどんなものですか?

寝たきりの高齢者や脳卒中等の後遺症の患者、在宅透析や在宅酸素などを必要とする患者や、在宅でがん闘病中の患者、老衰や疾病により末期が近づいている方などの自宅や、サービス付き高齢者向け賃貸住宅等の入居者の居室に訪問して、定期往診や必要なケアを行うのが仕事になります。

 

そのため、内科一般のスキルが必要なほか、脳神経関連や透析、呼吸器疾患、痴呆症や高齢者診療などに強い医師が求められます。もっとも、昔の開業医などと違い、往診経験者は少ないので、往診の経験などは求められません。

 

ただし、移動にあたってドライバーが付く場合や助手である看護師が運転してくれる場合もあれば、
医師が自分で運転しなければならない場合もあるので、自動車運転免許証は基本的にあったほうがいいでしょう。

 

また、長期の寝たきり介護や、緩和ケアや看取りケアなど、
肉体的にも精神的にも辛い環境にあるご家庭が多いため、患者や家族に寄り添える心が不可欠です。

 

患者と真摯に向き合い、一人一人の患者を大切にする心と、
一人の患者と最期まで向き合い死を受け入れる強い心なども求められます。

 

在宅診療の医師募集にはどのような傾向がありますか?

在宅診療のみの事業所と、病院やクリニックなどに併設され、
外来勤務の傍ら在宅診療を行っている事業所もあります。

 

そのため、在宅診療に専念したいなら前者の求人募集が、内勤と両方行いたいなら後者の募集がいいかもしれません。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。