婦人科から産婦人科へ(女性/30代)

女性/30代

私は初め総合病院の産婦人科に就職しました。といっても、入職して1年で分娩の取り扱いが停止されたので、その後は妊婦検診と婦人科のみとなりました。産婦人科医の不足等で、分娩は取り扱わないという病院や産科はけっこう増えています。

 

もっとも、私としては分娩の経験とノウハウを蓄積したいという思いがあり、地域の少子化支援の意味でも分娩対応をしているところに転職したいと考えました。そこで、ネットの医師専門サイトで求人を探してみたのです。

 

メールやお電話でコンサルタントの方からご案内を受けたり、アドバイスをもらったりしましたが、分娩を行える医師へのニーズは高いといわれ、売り手市場だといってもらえました。条件や待遇の希望に沿った求人をコンサルタントを通じて紹介していただき、地域でも歴史がある産婦人科医院に転職が決まったのです。

 

曾祖父の代から代々、息子さんや娘さんが次いでおり、地域では高い信頼がある医院です。自分の周りでもここで生まれた知り合いが多い医院に転職できて、何だか誇らしく信頼に応えねばと気を引き締めています。

 

ハイリスク分娩に取り組んで母子の命を救いたい(男性/30代)

男性/30代

僕の実家は産婦人科医院をしており、いずれ継ぐことになっているのですが、まずは外で修行をしてこいと親父に言われました。

 

経営の勉強もしようと、今話題の高級産院に就職したのですが、その中でも特に健康状態に問題ないと思われていた妊婦が、血圧が急上昇して分娩中に意識を失うなど、専門医の助けが必要になるアクシデントが発生しました。

 

このときは一命をとりとめ、赤ちゃんも無事だったものの、近年、こうした急変やハイリスク妊婦が増大していると聞き、専門医に連携するまでの間、産婦人科医だけでも可能な限り母子の命を守らねばと強く思うようになりました。このままでは医院を継げないと覚悟を決め、ハイリスク妊婦の分娩を扱う大学病院の周産期センターで修行を積むことにしたのです。

 

医師求人の専門サイトを通じて、比較的スピーディーに希望の転職先を見つけることができました。今は毎日がプレッシャーの連続ですが、本来おめでたいことであるはずの出産を辛い経験に変えないよう、母子の命を救うことに尽力していきたいです。

 

相談しやすくエントリーは簡単だった(男性/30代)

男性/30代

今まで働いていた病院が総合病院でもあったので、ハードに働かなければなりませんでした。プライベートでは子供も産まれて、家族との時間も大切にしたいと思っていたのです。

 

産婦人科の医師求人の中でも、比較的日曜日は休めたりと融通が利く職場を探していました。自分だけで探していた時には良いところを探す事ができずにいたのですが、良い転職支援サイトに出会ってから希望の産婦人科を見つける事ができました。

 

まず日曜日が比較的休みやすい職場で、今まで総合病院で培ってきた知識も生かす事ができそうな病院だったのです。登録をまずしなければいけないサイトだったのですが、それも1分くらいで終わらせる事ができて楽でした。

 

その後疑問に感じた時にはすぐに専属のキャリアエージェントに相談をする事ができたので、解決をする事もできました。今紹介していただいた産婦人科で医師として働いていますが、前の職場の時よりも心にゆとりが出てやりがいを感じています。

 

よくある質問

近年、産婦人科医が不足しているのはどのような理由からでしょうか?

少子化で将来性が望めないといった悲観的な意見も一部にはありますが、
それよりも高齢出産等による出産時のリスクの増加が原因と考えられています。

 

女性の社会進出や晩婚化の影響により、高齢出産が増加し、分娩に伴う母体の急変が問題になっています。

 

中高年となると若い妊婦と比べ、生活習慣病や高血圧などの健康上の問題を有している割合が増え、
陣痛や分娩に伴い血圧の上昇などによって心筋梗塞や脳卒中などを併発する人が増えています。

 

これにより母体はもとより、胎児にも生命のリスクが増大します。

 

本来、出産は病気ではなく、無事に生まれるのが当たり前という認識が社会的に蔓延する中で、
高齢出産によるリスクを医師が背負わされるケースが少なくありません。

 

こうしたリスクやプレッシャーの増大が産婦人科医の成り手の減少や、転科に繋がり不足が生じています。このリスクを乗り越える強さと志をもって、周産期医療に取り組む人材への期待は高まる一方で、求人数は増加傾向にあります。

 

産婦人科医の求人にはどのような種類がありますか?

地域の個人院やクリニックをはじめ、総合病院や大学病院の中にも産婦人科を標榜する病院は少なくありません。

 

また、産婦人科医の求人であっても、標榜科は婦人科のみの場合や、産科があっても分娩は対応しないケースもあります。近年では高齢出産のリスクや未熟児等の救命の観点から、周産期センターを設ける病院も増えており、周産期センターでの求人も増加傾向にあります。

 

産婦人科医になるには男性と女性、どちらが有利ですか?

産婦人科医はかつては男性が多く、そこに助産師や看護師の女性スタッフが加わるといったスタイルが一般的でした。
しかし、近年は妊産婦の側で女医がいいという声も多く、女性医師への期待が高まる傾向にあります。

 

自らも分娩を経験した子育て中の女医の人気も高まっています。

 

もっとも、男性医師のほうが頼りがいがあるという人もいるので、一概に有利不利は判断できませんが、産婦人科医不足が問題になっている中、性別を問わずニーズが高い診療科であることに変わりはありません。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。