Uターン転職で理想的な泌尿器クリニックに転職(男性/30代)

男性/30代

私はこれまで泌尿器クリニックで医師として働いてきましたが、母が急逝し、何もできない父親を独りで生活させることに不安を覚え、実家に戻ることにしました。

 

そこで、Uターン転職先を探す必要に迫られ、ネットの求人サイトに登録してみました。引越しまでの準備をしながら、離れたエリアの求人も探せるのが便利です。もっとも、文字での案内だけではイメージがつきづらいところもあり、専任アドバイザーからの電話やメールによるアドバイスは非常に参考になりました。

 

私の希望としては、明るいイメージがある泌尿器科専門クリニックがいいということでした。泌尿器科というと性病専門で歓楽街の一角にあったり、入りづらいと考える患者さんも多いので、誰でも足を運びやすいクリニックがいいなと思ったのです。

 

紹介していただいたところは、とても清潔感があり、男女ともに入りやすく地域でも信頼のあるクリニックでした。
前立腺がんなどの最新の検診機器もあり、働く環境としてもバッチリです。

 

泌尿器科のエキスパートになりたい(男性/30代)

男性/30代

私は街中にある泌尿器科クリニックで、膀胱炎やEDなどの診療や、前立腺ガンの診断などを行ってきました。特に近年、前立腺ガンの患者さんが増えてきていましたが、クリニックでは手術は行っておらず、専門病院をご紹介してきました。

 

ですが、泌尿器科医として実際に完治まで手掛ける医師になりたいと考え、専門病院への転職を志したのです。ガン手術の腕も磨ける求人を見つけたいと、転職支援サイトのコンサルタントに相談したところ、ほどなく大学病院の泌尿器科をご紹介いただきました。

 

そこでは、経尿道的手術や骨盤内リンパ節郭清術に対する腹腔鏡手術などの低侵襲手術から、ロボット支援下前立腺全摘除術、小さな腎ガンへのロボット支援下腎部分切除術など先進医療を提供しています。さらに、ガンにより膀胱全摘除術をした際には、尿路変更手術として回腸を利用した新膀胱を造設術まで行っていました。

 

まさに理想的な環境だと感じ、早速応募し、コンサルタント同行のもと面接を受けたのです。
おかげで今ではエキスパートへの道を歩きだせました。

 

あらゆる悩みをサポートできる泌尿器科医になりたい(男性/30代)

男性/30代

地元でも規模が大きな総合病院で、前立腺がんを中心に治療を行う泌尿器科医をしていました。もちろん、がん治療のキャリアは磨きたいのですが、昔ながらの何でも診られる泌尿器科への憧れがあります。

 

そこで、町医者への転職を希望して、転職支援サイトに登録してみました。医師仲間からはせっかく大病院にいるのにわざわざ修行に出なくてもなどと言われましたが、コンサルタントの方は親身に相談に応じてくれ、希望に沿った求人を紹介してくださったのです。

 

泌尿器科専門医が院長を務めるクリニックで、前立腺がんや膀胱がんをはじめ、前立腺肥大症や尿管結石、尿失禁や頻尿、さらにはED治療や子供の包茎手術にも力を入れています。子供の包茎治療にはこれまで携わる機会がなかったので、非常に興味を抱きました。

 

包茎やEDといった問題は男としてとても辛いことですから、親身にサポートができる医師になりたいと思い、転職を決めたのです。経験豊富な院長の指導のもと、今は理想の医師を目指して修行中です。

 

よくある質問

街中でよく見かける泌尿器科クリニックの診療内容には、どのような特徴がありますか?

泌尿器科クリニックでは主に膀胱炎や前立腺肥大症や頻尿、尿管結石などの診療から、
前立腺がんや膀胱がんの診断、男性器の悩みサポートなどが中心ですが、クリニックごとに特色は異なります。

 

がんに関しては早期発見のための検査や診断がメインであり、入院施設がないクリニックでは、
大きな手術や入院治療が必要なケースは近隣の信頼できる病院に紹介するのが一般的です。

 

近年増えている前立腺がんや高齢者の機能低下等の診断に力を入れているクリニックでは、前立腺超音波測定装置や尿流量測定装置、残尿測定装置、膀胱内圧測定装置などの最新機器を整え入院不要で検査ができる体制を整えたり、レントゲン装置や腹部超音波装置が導入されているところもあります。

 

一方、日帰りでもできる包茎手術に力を入れるところや、
近年増えているEDやAGAなどを専門に扱っている医師もいます。

 

ご自身がどんな分野に力を入れたいかによって、クリニックの特色をしっかり見極めて求人を選ぶといいでしょう。

 

泌尿器科の求人にはどのような種類がありますか?

泌尿器科の求人は街中のクリニックから、総合病院や大学病院まで多彩です。

 

がんの初期診断やED治療、子供から成人男性までの包茎手術等に力を入れたいならクリニック、がん手術等の専門技術や先天性の奇形治療などにあたりたいなら、専門性の高い大学病院といった選び方ができます。

 

大学病院等の泌尿器科ではキャリアアップが期待できますか?

大学病院の泌尿器科では、前立腺がんをはじめ腎がんや精巣腫瘍、陰茎がん等の腫瘍性疾患から、夜尿症や神経因性膀胱下部尿路機能の疾患、停留精巣や尿道下裂などの先天奇形、男性性機能障害まで幅広い症例に接することができます。

 

先進医療を推進しているところも多く、早期前立腺がんに対するロボット支援下前立腺全摘除術や、
骨盤内リンパ節郭清術に対する腹腔鏡手術などの技術を磨くこともできます。

 

また、膀胱全摘除術の場合に尿路変更手術の一環として回腸を通じた新膀胱増設術により
自然な排尿を可能とする療法を行っているところもあります。

 

男性不妊治療を手掛けているところも増えており、非閉塞性無精子症に対する
顕微鏡下精巣内精子採取術や閉塞性無精子症に対する顕微鏡下精路再建術などにも取り組めます。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。