人手不足だからこそ選んでみた(男性/30代)

男性/30代

医師として働くからには、少しでも誰かの役に立ちたいと思うことは当然のことです。これまで病院勤務で割と悠長にしていたのですが、あえて救急担当を選ぶことに決めました。人出が不足していると聞いたからです。

 

医師転職支援の専門サイトでも、募集は多くなっています。しかし、緊急事態に関わることが多いため、なかなか率先してやりたがる人は居ないものです。同僚もあまり救急担当にはなりたくないと言っていたことがあります。

 

私は子どもの頃、交通事故に遭った時、救急病院を利用したことがあるので、その思いからも選ぶことにしたのです。実際に転職してみて、最初はとても大変でした。同僚の言うとおりだと感じたことも少なくありません。

 

それでも、今はとてもやりがいを感じています。何よりも、私の応急処置によって命が助かったという患者も居るので、嬉しく感じられています。様々な状態の人が運ばれてくるので、臨機応変に対応できるようになるという決断力も備わるようになりました

 

救急センターへの転職でやりがいももアップ(男性/30代)

男性/30代

私は大学卒業後、同じ大学の系列病院で消化器外科医として働いてきました。病棟の当直のほか、救急センターの当直が回ってくるのですが、外来勤務との合間にこなすので、いつもとは勝手が違う現場に慣れず、思うような対応が取れないこともしばしばでした。

 

患者さんが苦しむ現場に接し、緊急対応ができるエキスパートになりたいと考えた私は、救急部門が独立した職場への転職を目指し、医師専門の求人サイトに登録してみたのです。そこで紹介されたのが、近隣の総合病院内に設置された救急センターでした。

 

そこは、急患受け入れの専門病棟が建ち、最新鋭の医療機器と総勢50名のスタッフで運営されています。大学病院の当直は医師3名と看護師6名ほどでしたので、全く状況が異なりました。

 

次から次に入ってくる急患対応に毎日励むことができ、スキルもノウハウも飛躍的に向上しています。日中は緊急対応した方の病棟を回ったり、帰宅後に外来に改めていらした方の対応などを行い、患者さんのサポートが継続できるのもやりがいに繋がっています。

 

出産後の復帰に救命救急医に戻れた(女性/40代)

女性/40代

私は独身時代、救命救急医の資格を取って救命センターで働いていました。一生独身で、医師として貫き通すのかなと思っていた矢先、40歳を前に結婚が決まり、妊娠することもできたのです。

 

もっとも、救命の仕事は寝ずに働くハードワークでもあり、妊娠や子育てしながらは無理と思い、退職を決意しました。2年ほど子育てに専念していましたが、やはり医師としての仕事がしたくて、復帰を希望し求人サイトに登録しました

 

子供が小さいので日勤のみがいいと考え、内科医として外来のみのクリニックにでも就職できればありがたいなと思っていたのです。ですが、専任のコンサルタントが紹介してくれた求人を見て驚きました。

 

病院の救命救急医としての仕事だったのです。子供が小さいのでとても無理と言ったら、基本は日勤のみで週4日、当直は月に1回~2回あるものの乳幼児がいる方は免除可能と融通の利く病院であることが分かりました。

 

主人とも話し合い、当初は免除を受けますが、救命救急医としての感覚が戻ってきたら当直もこなすつもりです。
子育てしながら自分の専門に戻れるとは思わなかったので嬉しいです。

 

よくある質問

救命センターに転職するには、救急科専門医の資格が必要ですか?

専門医資格が必要かは、求人ごとに異なります。

 

たとえば、救命センターの上長クラスの採用であれば、専門医としての実績が求められることもありますが、
それ以外であれば資格は必ずしも必須ではありません。

 

実際の現場では研修医も含め、経験が浅い方も奮闘されています。

 

現場で実践を積むことが何より大切な分野ですので、冷静な判断力と
スピーディーなフットワークとやる気を持ち、先輩医師の指導を受けながら成長できます。

 

もちろん、転職後に経験を積みながら、専門医資格の取得も目指せます。

 

救急系部門への転職にあたり、どのように求人を選べばいいですか?

救急救命センターといっても地域や病院の規模により、年間の救急車搬送数も違いますし、忙しさや運用スタイルは様々です。救急車だけでなく、マイカーやタクシーで夜間救急外来に訪れる人もいますから、毎日どれほどの急患を受け入れているかは、より詳しいデータで見極める必要があります。

 

地元の患者中心のところ、広域にわたるところのほか、ドクターヘリの運用を行っているところもあります。たとえば、ドクターヘリに乗る実力を付けたいというのであれば、ドクターヘリを運用している求人を探すべきですし、自分が目指す救命医像を叶えられる病院を探すのがおすすめです。

 

救命専門医は大変な事も多いと思いますが、やりがいを教えてほしいのですが?

病棟の当直は緊急の事態が起こった時のみの対応ですし、
病院で交代制で救急科の対応をするときは、その日1日頑張ればいいわけです。

 

ですが、救急センター専属となれば、毎日が緊急対応の連続になります。

 

年代も症例も全く異なる人が次々に運び込まれるので、瞬時の判断力や多彩な症例に接することができる点で、
医師としての知識やノウハウを磨けるやりがいがあります。

 

ドクターヘリやドクターカーを導入しているところも多く、院外での対応力も身に付き、自分の瞬時の対応次第で一命をとりとめることができるという意味で、プレッシャーも大きいですがやりがいも大きいです。

 

地域にもよりますが、広域医療や僻地医療にも携われ、
災害医療にも貢献できるなど、医師としての意義や役割を実感できる環境があります。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。