小児専門病院への転職(女性/30代)

女性/30代

私は小児科医として12年ほど総合病院に勤務してきました。月に何度か当直がありますが、むしろ小児科医が不在のときに急患が入ったと後から聞かされると胸が痛みました。

 

当直医で対応できないという場合にはオンコールも入るのですが、そうでない場合でも翌朝様子を見に行くと、やはり小児科医が常駐していたほうがいいと感じることがしばしばだったのです。

 

常にお子さんや親御さんに寄り添える医師を目指したいと思い、前々から気になっていた小児専門病院への転職を決意しました。全国的にも数が少ないのでスムーズに転職できるか不安でしたが、ネットで見つけた医師専門の求人サイトに相談したら、すぐに求人を持って来てくれました。

 

病院見学の手配もしてくれ、じっくり院内や診療の仕組み、病棟などを見学させていただいたうえで、面接に臨むことができ、より気持ちが固まった気がします。24時間365日、小児専門の医療スタッフがいる環境で働け、自分の理想にマッチした職場でやりがいを感じています。

 

どの地域でも不足している小児科医師(男性/30代)

男性/30代

都心でも不足していると言われているのが、産婦人科医と小児科医と言われています。都心部で不足しているくらいなので、少し離れると全く足りていないのは容易に想像することができました。

 

体調が悪い子どもを抱いて病院まで来るお母さんの姿を見ると病院で患者さんが来るのを待っている自分に疑問を持ちました。そう思うと、自分から患者さんのところに行けば、患者さんの負担が減るのではないかと思い、医師の少ない地域で小児科の求人が出ていないかサイトで探してみました

 

ただ薬を出すだけの病院ではなく、子育ての相談もやっているような病院が理想でしたが、
コンサルタントの方と色々と話しをして条件が合う病院を探し出しました

 

医師求人サイトには、公開されている病院と非公開になっている病院があるので問い合わせをすると以外にも条件を付けても一致する病院があるものなんですね。転職なんてそうそうすることがないので、とても参考になりました。

 

需要が多いのですぐに採用された(20代/女性)

20代/女性

私は子ども好きということもあり、保育士か小児科医になりたいと思っていました。そして、現在、医師として働いています。なぜ、医師を選択したのかと言うと、圧倒的に人員が不足していると言われていたからです

 

最初に勤めた職場は環境も良く、このままずっと居続けたいと思っていました。しかし、同じ職場に居続けることで向学心がなくなってくることがあります。少しでも上を目指すためには、いろいろな職場で経験を積んだ方がいいと思うようになりました。

 

そこで、求人情報サイトを見てみることにしたのです。もちろん、小児科を重視して探しました。思っていた以上に需要が多いことが分かり、あっさりと採用されることになったのです。これには自分でも驚いてしまいました。

 

しかも、今度の職場は以前よりも様々な環境が整っています。先輩たちも教え上手な人ばかりなので、向上心を持って仕事に就くことができています。そして何よりも、多くの子どもたちを救ってあげられるという意味で、以前以上にやる気にみなぎっています。

 

よくある質問

日本では少子化が問題となっていますが、小児科医に将来性はありますか?

少子化が問題となっているからこそ、小児科医が必要です。

 

日本の医療界が抱える問題として、産婦人科医と小児科医の不足が挙げられます。

 

周産期医療や子育て期の医療が充実しなければ、安心して子供を生み育てることができず、
ますます子供を産んで育てようとする人が少なくなってしまいます。

 

現実問題として、安心できる小児科医がおらず、1人目の子供で苦労したから、2人目は不安で産めないといった方もいるほどです。ですから、小児科医として頑張ろうとする医師には大きな期待がかかっています。

 

少子化であっても、子供がいる限り、どの地域にも小児科医のニーズがあります。成人の体とは違う特徴や小児特有の疾病があるからこそ、専門的判断ができる小児科医は今後とも欠かせない存在です。

 

小児科医の求人が多い地域はありますか?

小児科医のニーズは全国あらゆるところにありますが、中でも多いのは人口が密集している都心部です。

 

もっとも、人口が少ない地域でも小児科医へのニーズは根強くなっています。

 

過疎化や人口減少が進んでいる地域では、一人の町医者や1つの診療所で
子供から成人までオールマイティに診療できるベテラン医師が頑張っている傾向が見られます。

 

各自治体では少子化対策が重要課題となっており、安心して子供を生み育てる環境を
整えるためにも小児科医へのニーズが増大しており、地域を問わず求人があります。

 

小児科医に求められることは、どのようなことでしょうか?

小児科医に求められるのは、専門知識と技術力、そしてコミュニケーション力です。

 

子供の体は小さく成人とは違った特徴もあり、乳幼児や小児特有の病気も少なくありません。
小さな命を救える専門知識と、症状や疾病を的確に見極める判断力と経験が重要になります。

 

大人と違って抵抗力も体力も少ないですから、早期発見早期治療や小さな体に外科的治療などを行う高度な技術力やノウハウも不可欠です。そして、もう1つ大切なのが笑顔や包み込むような優しさ、コミュニケーション力です。

 

小さな子供はもちろん、我が子の病気やケガでパニックになったり不安になっている親後さんを
しっかりサポートし、分かりやすく説明ができる対応力が求められます。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。