あえてこの科を選んだ理由(女性/40代)

女性/40代

医師の募集は多くなってきていますが、その中でも、誰もがやりたくないという科はあるものです。例えば、消化器外科がその一つに挙げられます。同じ医師仲間の間でも、あまり人気がありません。

 

それでも、私はあえてこの科を選びました。誰もがやりたくない科だからこそ、やりがいを持てるようになるのではないかと思ったからです。しかも、私は女性なので、ちょっと珍しいと言えるかもしれません。

 

実際に、医療関係の転職サイトで募集されていたので応募してみたのですが、担当してくれた人に「本当にいいのですか」と聞かれてしまいました。消化器外科は、世間的にも人気がないことを、この時に知りました。それでも、医師としての責務を果たす必要があります。募集があるのなら、応募すべきです。

 

そして、かれこれ、10年以上、消化器外科で働き続けているところです
自分で言うのも何ですが、患者さんにも親しまれており、とてもやりがいを持って働けていると実感しています。

 

当直を減らして、家族の時間を持つために(男性/40代)

男性/40代

今まで消化器外科の医師として、待遇に不足を感じたことはありません。それでも当直が多く、やっと言葉を文章で話すようになった幼い娘の、起きている姿を見ることができないのが悩みでした。

 

そんな私が、何とか勤務先を変え、時間的な自由を欲しいと思い始めたのは、娘から置き手紙があったからです。もちろん字は書けませんが、ペットの犬と私らしき絵が書いてあり、なんと、私のほうが犬より小さな塊として描かれていたので衝撃を受けました。

 

娘にとって、私は顔のない父親なのでしょう。医師であると同時に家庭人でもありたいので、思い切って院内当直のない、今より小規模な病院を探すことにしました

 

医師専門の転職サイトにある募集の中から、夜間当直は希望日に希望した提携病院のみ、という個人病院を探し当てることができました。ここまで条件に合った病院を見つけることができたのは、本当に希な例だと思います。利用したエージェントには、本当に感謝しています。今度、娘がどんな絵を書いてくれるのか、今から楽しみです。

 

実家を継ぐための経験を求めて(男性/30代)

男性/30代

今まで色々な診療科目を転々としてきました。実家が消化器外科と整形外科の病院で、その病院を継ぐときのために、幅広い症例を見ておいた方が良いと思ったからです。しかし、どういう巡り合わせか、全く外科系の科目には縁がなく、やっと近づいた現在も、消化器内科という近くて遠いものでした。

 

父が高齢ということもあり、早めに地元に帰りたいので、いよいよ消化器外科の医師として、本気でキャリアを積むべき時が来たと思いました。なのに近くで医師募集の貼り紙を見ても、一般の人材募集サイトを見ても、狙ったような求人は出ていません。

 

結果、仕方なく知らない会社のサイトを見ることになったのですが、これが素晴らしくて、内容から条件まで、指定した上で応募できます。こんな素晴らしいエージェントがあるなら、もっと早く知りたかったです

 

今だから実感できますが、もし早い段階でこの存在に気づいた人は、運が良いと思います。
ついでに、コンサルタントさんが、一緒に連れて帰るお嫁さんも紹介してくれると嬉しいのですが。

 

よくある質問

消化器外科の医師に求められるスキルや能力はどうなっていますか?

男女問わず、大腸がん罹患者が増えており、胃がんなど消化器系のがんを患う人が増えています。また、各種検診や人間ドックにおける内視鏡検査などで腫瘍が発見されやすくなった傾向もあり、がんや腫瘍摘出の外科的治療が必要になるケースが増え、消化器外科医へのニーズが高く、手術のスキルや実績がある医師への信頼は高まる一方です。

 

近年では特に内視鏡を使った検査や治療ができる医師へのニーズが高まっています。内視鏡治療は医師のスキルが如実にでる傾向があり、医師のスキル次第で患者に与える痛みや術後の経過も変わってきます。

 

キメ細やかで痛くない治療ができると、信頼度は高まります。
また、高齢化に伴い療養型病院などでは胃ろうや縫合処置ができる医師も求められています。

 

消化器外科医の募集傾向はどうなっていますか?

大学病院や都市部の総合病院など規模の大きな病院では、消化器外科として手術のニーズは多いものの医師の募集は横ばい傾向にあります。一方で、地方の中小病院では、外科手術だけでなく、内視鏡も含め消化器内科分野のスキルもある人材へのニーズが高まっています。

 

また、健診センターや人間ドック施設では消化器内科はもちろん、内視鏡に強い消化器外科医の求人が増加傾向にあります。特に検診関連の場合は、女性の受診者が女性の担当だと安心するという傾向がみられるため、下部内視鏡の対応ができる女性医師の募集が増えています。

 

消化器外科医の求人数や収入の傾向を知りたいのですが?

消化器外科の現状の医師数を見ると、外科系では整形外科、脳神経外科に次いで数が多い診療科です。
もっとも、その分、求人数も多く常に募集があります。

 

大学病院から、都心部から地方まで大小問わず総合病院で募集があるほか、大腸肛門外科専門病院や内視鏡専門センター、健診センターや人間ドック施設、在宅診療や慢性期の療養型病院でも求人が見られます。

 

収入に関しては特に東京都や千葉県など都心部の南関東エリアが高水準にありますが、
対応する手術件数や手術の難易度などによっても異なってきます。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。