新しい環境で働く医師 (40代/男性)

40代/男性

今まで私は、総合病院の勤務医として働いていました。
外来の忙しさで、患者一人にかける時間は十分だとは思っていない状態でした。

 

さらには上司との人間関係などで疲弊する毎日でした。精神的にもきつくなってきたときに、このまま医師としてやりたかった医療ができないで終わってしまうということに焦りを抱くようになりました。

 

それならば、思い切って環境を変えてしまおうと考えることにしました。インターネットで検索してみると沢山の医療機関で、医師を募集している事がわかりました。その中で、私が最も興味を惹かれたのが僻地医療です。

 

自分には関係のないものと思っていた場所での医療、年齢がかさんだ今でも挑戦できるのか、とても心配ではありましたが、転職サイトに登録してみることにしました。それからは、多くの病院を紹介してもらい、そこから自分が最もやりたいことができる場所で、働いてみることにしました。

 

転職した今は、忙しさには変わりありませんが、とてものどかな環境で
じっくりと仕事に取り組める毎日に充実感を感じています。

 

ドクターヘリで地元に貢献(男性/50代)

男性/50代

私は大学を卒業して以来、都心の病院で勤務してきました。もともとは田舎の出身でいつかは地元の医療に貢献したいと思っており、息子が社会人になったのを機に、田舎へ戻ろうと考えました。

 

ずっと頭にあったのは離島も多い地元での、僻地医療への貢献です。妻に話したところ、老後は自然豊かなところでのんびり暮らすのもいいのではないかと、一緒に引越しすることを快諾してくれました。

 

そこで、地元で僻地医療に携われる医師の募集がないか探すことになったのですが、ネットの医師求人専門サイトがとても役立ちました。すぐには見つからないかと思っていたのに、検索で一発で出てきたのです。

 

おかげで今では離島から近い総合病院に転職し、ドクターヘリに同乗すべく研修を積んでいるところです。現在はドクターヘリで救急搬送される患者さんの対応を行っていますが、いずれはドクターヘリに乗るだけでなく、病院の分院である離島の診療所勤務も目指したいと意欲に燃えています。

 

日々、生きがいを感じながら働いています(男性/30代)

男性/30代

医師免許を取得した後、都内の総合病院へ勤務する事になりました。最初のうちは、それなりにやりがいというものを感じていたものの、次第にそれが薄れている事に気がついたのです。

 

もともと医師になろうと思ったのは、困っている患者さんに救いの手を差し伸べたいと感じたのがきっかけでした。それなりに充実していたものの、私が何らかの理由で退職する事になったとしても、スタッフをはじめ患者さんで困る人は、誰もいません。

 

それよりも必要とされる職場で働きたいという思いが募り、考え抜いた結果転職支援サービスを利用する事にしたのです。私を担当してくれたエージェントの方に、その思いを伝えたところ、僻地の案件をいくつか紹介してくれました。

 

僻地では、深刻な医師不足の状態に陥っており、募集をかけても人が集まらないケースが、珍しくないそうです。エージェントの手助けがあったお陰で、無事に採用して頂く事になりました。必要とされる事の有難さ、繋がりの大切さを実感していますので、本当に感謝しています。

 

よくある質問

僻地医療に携わるための心構えはありますか?

まずはご自身の健康管理と、ストレスマネージメントによりメンタルヘルスの健やかさも維持することが大切になります。僻地医療は医師1人に依存するケースもあるため、あなたが倒れては大変なのです。

 

患者を診られなくなるだけでなく、あなた自身を診てくれる人もいないので、
心身の健康管理と、地域のために奔走する一方で、自分の体を大切にすることも大切です。

 

そして、安定した医療を供給するために、経済的な側面や家族生活等においても健全であることが求められます。

 

また、代替性がない体制では学会への出席や研修なども受けられないため、
自ら計画を立て積極的に継続学習に励まねばなりません。

 

幸いにも今はネット環境がありますから、最新の医療情報や患者の症例に対する
適切な治療法などをネットから得たり、他の医師と情報交換も可能です。

 

さらに医療の問題はもちろん、地域が抱える問題点を適切に把握して
問題解決のために具体的な計画や実行に移せる分析力や行動力も身に着けるようにしましょう。

 

僻地医療の医師として、日々の業務はどうなっているのでしょうか?

全ての患者に対する初期診療を行い、専門医の診察を受けるべきと判断した場合は隣接都市部の専門医を紹介する、
さらに緊急を要するときはヘリ搬送を選択し、自ら同乗して対応に当たる必要があります。

 

医師の数が限られた環境ですから、一度にたくさんの患者が集中した場合には即座に重症度の判定を行い優先度をつけるとともに、自分の実力を見極め、他院に送るべき患者の選別とそのタイミングを判断できる力を養うことが求められます。

 

僻地医療の求人はどうやって探せばいいのですか?

医師の転職支援専門サイトのほか、僻地の医師不足や地域格差を解消することを目的とした
公益社団法人等が運営するへき地医療専門のサイトなどで募集がされています。

 

僻地といっても北から南まであり、離島のほか、地続きでも医療過疎地などもあります。

 

そのため、どのような地域でどういった地域医療に携わりたいのか、
あらかじめ検討してから探したほうが絞り込みやすくスムーズです。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。