女性のために役立つ仕事(20代/女性)

20代/女性

母が乳がんで亡くなったこともあり、私はいつしか乳腺外科の医師を目指すようになりました。そして、見事にその夢を叶えることができたのです。

 

ところが、最初はなかなか思うようにいきませんでした。総合病院に勤務したことは、私には合っていなかったのかもしれません。もっと本格的に知識や技術を身につけたいという思いから、乳腺外科だけという専門のクリニックに転職を決めたのです。

 

専門の転職支援を受けたところ、医師の募集は意外と多くありました。やはり部位的にも女性患者を対象とするため、女性医師の需要が多くなっているようです。20代で若く経験が浅いながらも、すぐに採用してもらえることになりました。

 

今は、そのクリニックの年配ベテランに指導されながら、これまで以上に本格的な仕事をしています。やはり、思い切って転職して良かったのかもしれません。女性のために役立つ仕事でもあり、母親への思いもあることから、これから長く続けられそうな気がしています。

 

ブレストセンターで悩める女性をバックアップしたい(女性/30代)

女性/30代

私はレディースクリニックの乳腺外科医として働いてきました。乳がん検査と発見時の治療、手術は短期間入院で可能な温存手術とリンパ節郭清術を主に行ってきました。

 

もっとも、クリニックには形成外科医がいなかったので乳房再建手術はできず、希望があれば大学病院を紹介という形でした。患者さんの様子を見ていると、乳房がなくなるショックは大きく、同時再建治療ができたらいいのにと私自身よく感じました。

 

そこで、チーム医療ができる環境を目指し、大学病院への転職を決意したのです。ネットで軽く検索すると、同じようなレディースクリニックの募集ばかりヒットしてしまったので、医師専門の転職支援サイトに登録し、コンサルタントに探していただくことにしました。

 

するとすぐに大学病院のブレストセンターの募集を紹介していただけたのです。今では形成外科医や放射線科医、病理診断医をはじめ、専門看護師や心理カウンセラーなど力強いチームメンバーとともに、女性の不安と希望に沿った治療ができています。

 

最新機器とバックアップ体制が整ったクリニックへ転職(女性/30代)

女性/30代

私は小さなレディースクリニックでマンモグラフィーなどによる乳がん検診とがん発見時の小規模手術などを行ってきました。もっとも環境に少し不満があり、もっと充実の治療環境がある医療機関で診療を行いたいと思うようになりました。

 

そこで、医師専門の転職支援サイトに登録したところ、ほどなくキャリアアドバイザーから乳腺外科医募集の案件を紹介していただけたのです。マンモグラフィーに加え超音波やステレオガイドマンモトーム検査などの最新機器が導入された女性専門の病院です。

 

手術の前にはなるべく温存率を高めるため、術前化学療法を推進しています。さらに有名シェフが手掛ける院内レストランが設置され、カロリーや栄養バランスに配慮された目にも美しいフランス料理などが病院食でも提供されるのです。

 

乳がんで辛い女性が穏やかに闘病できる環境が整っていると考え、すぐに転職を決意しました。
最新鋭の医療設備と優れた治療体制や環境のもと、今は満足して働いています。

 

よくある質問

乳腺外科ではどのような業務がメインになるのでしょうか?

日本人女性の罹患率が上昇するなか、乳がんの発見と治療が乳腺外科での近年のメイン業務となっています。

 

マンモグラフィー検査や超音波を使った乳腺エコー検査などを実施し、
乳がんが発見された場合は治療法の選択や提案、カウンセリングを行います。

 

他のがんの場合、患者のほうから手術で全部とって欲しいと懇願されるケースも少なくありませんが、
乳がんの場合は一筋縄はいきません。

 

女性のシンボルである胸をいかに温存できるか、切除した場合に同時再建が可能かなど、抗がん剤やホルモン剤を使った術前療法で温存術率の向上を図れるかなど検討しながら、患者が納得いくまで十分にカウンセリングすることが求められます。

 

乳腺外科の医師は女性が適するのでしょうか?

女性の象徴としての胸を診察することになるため、患者さんの中には
確かに女医を求めて医療機関を探し歩く方も少なくありません。

 

乳腺外科の専門医の割合も、他の診療科目に比べると女性の数は多いほうです。

 

もっとも、乳がんが見つかり、いざ手術や治療ともなれば、少しでも腕が高く、
実績のある医師を選択するのが患者であり、医師の男女差はあまりなくなります。

 

ただし、乳房全摘除を提案せざるを得ないケースでは、男性医師の場合、男性だから女性の痛みが分からず、
そのような安易な提案をするのではと受け取る患者さんもいます。

 

納得がいく分かりやすく十分な説明と、患者に親身に寄り添う対応が、
男性医師はもちろん、女性医師にも求められます。

 

乳腺外科の医師募集にはどのような種類がありますか?

乳腺外科を標榜しているのは大学病院や総合病院のほか、一部の産婦人科や近年増えているレディースクリニックといったジャンルの女性専門のクリニックなどが挙げられます。

 

乳腺外科単一で運営しているクリニックはほとんどありませんが、婦人科や産科、
小児科等と併設したレディースクリニックなどで募集がなされるケースが増えています。

 

また、外科治療を行わず、乳がん検査専門のクリニック等もあるので、
業務内容までよく確かめ、ご自身が目指す仕事ができるかを確認する必要があります。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。