募集要項にピッタリだった(男性/30代)

男性/30代

リハビリテーション科の医師募集を見つけました。医療関係の転職支援サイトで見つけたのですが、ちょうど、募集要項が自分にピッタリ合っていて驚いてしまいました。リハビリテーション科は力が要ります。患者を支えることが多いからです。

 

自分はガタイが良く、学生時代はスポーツで鍛えていたこともあり、まさにお役に立てると思ったのです。そして、何よりも、お年寄りが好きという気持ちもあります。
元々、おばあちゃんっ子だからです。

 

リハビリに訪れる人は高齢者が多いこともあり、これなら、自分にとっての天職になるような気がしました。これまでは整形外科医として働いていたこともあり、内容的にも関連している科でもあります。

 

そのため、リハビリテーション科で働くことには何の抵抗もありませんでした。
医師になったからには、こんなふうに需要の多いところで働くことで、やりがいを感じられるものです。

 

現在、多くの患者と向き合って仕事ができています。

 

当直なしのリハビリテーション科へ転職(女性/30代)

女性/30代

脳神経外科医として総合病院に8年ほど勤務してきました。脳卒中やてんかんなどの急患は多く、週に1度の割合で当直もこなし、緊急手術なども対応してきました。

 

もっとも、医師としては恥ずかしいのですが、そのプレッシャーで大きなストレスを感じており、自分には外科医は合わないのではという思いもありました。30代半ばにして結婚が決まり、これを機会に当直なしの職場に転職をしようと考え、ネットの転職支援サイトに登録してみたのです。

 

当初は脳神経外科の日勤のみのクリニックを検討していましたが、募集はあまり多くありません。そんなとき、アドバイザーの方からリハビリテーション科の求人を提案されたのです。

 

事故等のリハビリだけでなく、近年は脳卒中等の後遺症患者や老年者の対象者が増えているとのことで、これまでの経験が活かせるとのご提案でした。実際に求人を見ると、脳神経外科医歓迎とあり、現場見学と院長はじめリハビリテーション科のスタッフとの面談を行い、これならと思って転職を決めました。

 

整形外科からリハビリテーション科へ(女性/30代)

女性/30代

大学病院の整形外科で外来診療を主に行ってきました。地方の大学病院なので患者さんの多くは、関節痛や腰痛など様々なところに痛みを抱える高齢者で、一部にスポーツ障害やケガで来院する方がいました。

 

いずれにしても、大学病院は来院者数も多く、体制的に短時間診療と痛止めや湿布を処方する程度しかできません。もっとじっくりリハビリをしてあげたり、日頃のケアのアドバイスができたらいいのにと思っていました。

 

そこで、自分の思う仕事がしたいと転職を考え、医師専門の募集サイトに登録してみました。キャリアアドバイザーに相談したところ、整形外科の専門病院でリハビリテーション科の医師募集があると紹介されました。

 

理学療法士やスポーツコンディショニングトレーナーなどとのチーム医療で、様々な患者さんのリハビリを支えるという話を聞き興味を持ち、応募することにしたのです。キャリアアドバイザー同行のもと、実際にリハビリの現場を見学させてもらい、ここでなら自分の理想の仕事ができるかなと思い転職を決めました。

 

よくある質問

リハビリテーション科の医師はどのような業務を担当するのでしょうか?

リハビリテーション科というと、理学療法士や作業療法士などのコメディカルが活躍するイメージが強いですが、
医師はその中枢的な役割としてリハビリの計画や療法の選択、リハビリチームの統括などを行います。

 

スポーツ中のケガや交通事故などによる脳損傷や脊髄損傷などの外傷はもちろん、脳卒中や心筋梗塞後の後遺症、
関節リウマチや神経・筋疾患、小児疾患や呼吸器疾患、がんに至るまで幅広く含まれます。

 

そのため、リハビリテーション科はもともと、外科や整形外科、脳神経外科や神経内科、
小児科など幅広い分野で経験がある医師が集約される診療科ということもできます。

 

リハビリには麻痺や言語障害によって体に生じた機能障害そのものを回復させるアプローチと、義足や杖、車椅子等の補助具や手すりなどの支え、右手が使えないなら左手を使える残存機能を活用するなど代替的アプローチがあります。

 

リハビリテーション科の医師には、この2つのアプローチをバランスよく組み合わせ、リハビリテーションチームのメンバーがお互い連携し合って、患者の機能を最大限に回復させ、QOLの向上を目指すことが求められます。

 

リハビリテーション科の医師に求められるスキルや能力はありますか?

もともとリハビリテーション科専属という医師はほとんどおらず、脳卒中等の後遺症に強い脳神経外科、
外傷に強い整形外科、体全体の指令系統をケアする神経内科など経験やスキルが活かせる科目です。

 

また、リハビリ科に移る前の脳神経外科や外科といった診療科の医師との連携や、リハビリを担当する理学療法士や作業療法士、臨床心理士等のコメディカルとのチームワークが求められ、メンバーを引っ張る統括スキルなども求められます。

 

リハビリテーション科の医師募集の傾向はどうなっていますか?

リハビリテーション科の医師は、内科系、外科系に比べるとまだまだ少ない一方で、高齢化や脳卒中など生活習慣病に罹患する人の割合が増え、リハビリテーションへのニーズは増加の一途をたどっています。

 

回復期リハビリテーション病棟の新設案件も多く医師の募集が増えているほか、
介護予防や高齢者の身体機能維持・向上のため老人保健施設や在宅診療の分野などでも、求人がみられます。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介する2サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイト以上登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

【登録必須】メディウェル医師転職

今スグ無料会員登録

「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収が前職比で50%UPを実現した医師も多数。医師転職会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。 東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですので信頼性も高いです。 週5日勤務で年収2,500万円以上の転職案件もあったりと、年収交渉に自信を持っている医師紹介会社としては実力No,1。担当者にハズレがなく、力強くサポートしてくれるはずです。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、年収を上げたい!
  • 初めて、or2回目の転職である

今スグ無料会員登録

【オススメ】エムスリーキャリア

今スグ無料会員登録

転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録しておくべきでしょう。 20万人以上の医師が登録している医師転職支援サービスで、1万件以上におよぶ豊富な常勤医師求人数をキープ:全国エリアを完全に網羅しています。 また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。1人の医師に2-3名のアドバイザー担当者がつく医師転職エージェントはエムスリーが唯一と言われています。

こんな医師の方にオススメです。

  • とにかく、転職情報の量・質を確保したい方
  • 信頼できる転職アドバイザーをすぐに見つけたい方
  • 最新医療機器・先進医療に取り組みたい方

今スグ無料会員登録

転職を成功させるためには、まずは情報量・情報の質で損をしないことが重要です。 もし貴方が、ご家庭を持っていたり、当直続きの忙しい医師の方でも、手っ取り早く質の高い情報を得るためには上記2サイトの登録をオススメします。上記2サイトに登録してしっかりと準備を進めれば、転職失敗確率はグンと低くなります。 今スグの転職を考えていない人にも、自分の将来を考えなおすきっかになるはずです。