条件の良いところを探してみた(男性/20代)

男性/20代

最初に務めた病院は、実力社会という雰囲気のところでした。僕はまだ若く、どんなささいなことでも勉強になります。そんな状態だったこともあり、競争心が芽生えるよりも先に、まずは基本的なことを学びたいと思いました。

 

そんな僕の気持ちを分かってくれる職場を見つけられたのは、医師専門の求人サイトです。いろいろな希望条件から、これぞというところを見つけることができました。今、勤めている職場は、基礎的なことからじっくり学ぶことができます。

 

そして、一つ一つ丁寧に仕事をこなすことができています。ここでしっかりと学び、一人前になってから、今度は実力を認めてもらえるような職場を選ぼうかと思っているところです。

 

こんなふうに、自身に合った職場を探すことは重要です。
やりがいを持ち、環境の良いところではないと、長く続けることはできないからです。

 

僕はこの先ずっと医師として働き続けたいと思っているからこそ、
環境の良い職場をこれからも探し続けることになると思います。

 

自分に合った職場(男性/20代)

男性/20代

以前勤務していたクリニックは実力社会であり、また私はまだ年齢が若くて知識が乏しかったので、毎日大変でしたが色々な事が勉強になりました。

 

実力社会であるクリニックで働く事も大事かもしれませんが、それよりもっと基本的な事を勉強したいと思ったので、インターネットの医師転職支援サービスの求人を見て様々な希望条件の中から自分にピッタリな職場を見つけることができました

 

現在勤務している職場はじっくりと基礎的な事を勉強できていますし、丁寧に今の仕事を一つ一つこなしています。今の職場で学んだことはこれからの仕事に活かせると思いますし、もし実力を認めてもらいたいような職場で働きたいのなら、その時は自分に合った職場を見つけたいと思います。

 

やはり職場環境が自分に適していなかったり、仕事に対してやりがいが無ければ仕事を長く続けるのは困難だと思いますし、私のように自分にピッタリな職場を見つけて働くのは重要なことだと感じます。

 

ゆったりとできるところを探してみた。(男性/60代)

男性/60代

私は長年医師としてバリバリやっていました。しかし、息子は独立して、奥さんが病気気味になったので、忙しいお医者さんをやめて、別の仕事を探すことにしたのです。

 

しかしながら、医者の仕事に携われるものがしたいと友人に相談したところ、ゆったり当直ができる医者の仕事なら負担がかからないのではと言われたのです。そこで医師専門の求人サイトを探して、検索してみました。

 

そうしますと100件以上も探すことができて、気に入ったのが病棟管理の仕事でした。当直ということで、土日だけですが、給与は一回105000円で、駅から5分で行ける距離だといいます。昔一般内科で働いていたので、そうした関係の仕事に就けるのは実にうれしいものです

 

コンサルタントの人と相談しても、向こうが乗り気だというらしいので、受けてみるとすぐに採用されました。これからも妻の為に、そして自分の仕事の為の二足のわらじでしっかりと頑張っていきたいものですね。

 

よくある質問

転職活動を始めたら知人から紹介されたのですが、気を付けるべきことはありますか?

医師の転職においては、医師仲間や先に転職した先輩からの紹介というケースは意外に多いものです。

 

ただし、紹介の場合、よく職場環境や医療機関の経営理念等を確認して、
自分に合っているか、コンセプトに共感できるかなどを確認する必要があります。

 

紹介の場合、採用されやすい分、事前の確認などを怠りがちだからです。

 

自分の理想とする仕事ができないといったケースがあったり、
勤務条件の確認や契約が曖昧なまま進んでしまうことも少なくありません。

 

一方で、一度入職すると紹介された人の都合もあって辞めにくい場合があるので注意が必要です。

 

求人に応募するうえで、気を付けるべきことはありますか?

転職支援サイトなどを通じて気に入った求人が見つかったり、興味ある求人を紹介されたら、まずはその求人のホームページなどを確認して、どのような仕事ができ、どういった環境が整っているかを確認しましょう。

 

そのうえで、単に面談を受けるだけでなく、職場見学や院内見学をさせてもらってください。

 

できれば平日の日中の医療機関が比較的賑わう時間帯がいいでしょう。

 

患者が閑散とした時間帯では雰囲気がつかめなかったり、
充実する職場かや働きやすい環境かが分かりにくい場合があるからです。

 

転職にあたって、どのようなことに留意すればいいでしょうか?

転職のタイミングを慎重に図らなければなりません。

 

転職先が見つかっていないのに辞表や退職届を出すのは時期尚早ですが、
かといって、採用決定後、いつまでも転職先を待たせておくこともできません。

 

もっとも、医師の場合は担当の患者への対応や担当業務の引き継ぎ、
医師としての代替性なども考慮してもらえますので、通常は待ってもらうことができます。

 

ただし、転職先も人材が不足していて緊急で募集をかけている場合もありますので、
すぐに業務から外れるのが難しい場合は、そうした求人は避けるのが無難です。

 

また、転職支援サイトには転職のタイミングも転職先と調整してくれるコーディネーターがいますので、ご自身の現在の状況をきちんと伝え、離職先にとっても転職先にとってもベストなタイミングで転職できるよう、しっかり相談してください。

 

医師で転職を成功させたい方は、こちらのサイトもオススメです。 → 医師転職

 

 

日本医師会 http://www.med.or.jp/